手首だけでランニングのパワーを計測 ポラールがGPSスポーツウォッチ『Polar Vantage V』を発表

access_time create folderデジタル・IT

ポラール・エレクトロ・ジャパンは10月31日、GPSスポーツウォッチの新製品『Polar Vantage V』を発表しました。プロのアスリートやハードなトレーニングをするユーザーを対象に、手首に装着するだけでランニングのパワーを計測する機能や、精度を高めた光学式心拍計“Precision Prime”を搭載するのが特徴。11月8日に発売し、価格は6万9800円(税別)。

ランニングパワーは、走る際のエネルギーの変化率を“速度の変化率”と“高低差”から算出。「平均323W」「最大602W」のように計測値を表示できます。従来はシューズなど外部にセンサーを取り付けて計測する方法がありましたが、手首に取り付けたウォッチだけで計測できるのは業界初とのこと。心拍数とランニングパワーをそれぞれ計測・分析することで、低い心拍でパワーを出す、長距離のランニングで最適なトレーニングを見つけるなど、テクニックの向上に役立つと説明しています。

“Precision Prime”は、『Polar Vantage V』で採用された新開発の光学式心拍センサー。皮膚の表面近くの血流を見るグリーンと、皮膚の深い層の血流を見るレッドの2色のLEDを合計9個採用し、計測精度を向上させる接触型センサーと、動きによるノイズを補正する3D加速度センサーを組み合わせています。

GPSと光学式センサーを使用するトレーニングモードで、最大40時間のバッテリー持続時間を実現。これにより、アイアンマン、ウルトラマラソン、ブルべなど長時間の競技にも対応可能になっています。1日1時間のトレーニングで24時間、心拍を計測する通常使用では、バッテリー持続時間は約1週間。

Gorillaガラスを使用したカラーtouchディスプレイを搭載。本体サイズは46×46×13mm、重量は68gです。

ブラック、ホワイト、オレンジの3色をラインアップ。価格は6万9800円(税別)で、胸部にストラップで装着する心拍計『H10』が同梱するモデルは7万5800円(税別)です。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧