ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無給医を減らし、継続就労医師を増やせ!「准修練医」制度を生み出した東邦大学が取り組むダイバーシティ支援とは(joy.net)

無給医を減らし、継続就労医師を増やせ!「准修練医」制度を生み出した東邦大学が取り組むダイバーシティ支援とは

今回は『joy.net』より岩田千加さん執筆の記事からご寄稿いただきました。

無給医を減らし、継続就労医師を増やせ!「准修練医」制度を生み出した東邦大学が取り組むダイバーシティ支援とは(joy.net)

「准修練医」制度を生み出した東邦大学が取り組むダイバーシティ支援とは

日本の女性に医学教育を開いた東邦大学が、女性医師支援室を開設して今年で丸10年。それまでの“ALL OR NON”の原理にメスを入れ、週3.5日(うち1日は外勤もしくは自宅研修可)の有給ポジション准修練医を創設するなど、画期的な取り組みが注目を集め続けてきた。早くから女性医師支援に取り組んできた同大学が次にめざすのは、「ダイバーシティ」の推進だ。子育てとキャリアの両立を定着させた経験を活かし、「仕事と生活の共存」「多様な人材活用」を目標とする取り組みや狙い、女性医師支援の成功秘話などをダイバーシティ推進センター長の片桐由起子先生に取材した。

合わせて読みたい:医師たちが考える「無給医」問題
https://www.joystyle.net/articles/650

“ALL OR NON”以外の選択肢で
女性医師のキャリア継続をサポート

Q1.東邦大学が女性医師支援に取り組まれた背景をお聞かせください。

東邦大学は1925年に帝国女子医学専門学校として創立して以来、女子の医療・生命科学教育に積極的に取り組んできました。1970年には「東邦大学保育園」が開園するなど、女性医師支援でも時代に先駆けた活動を行ってきました。そんな歴史と経験をもつ当大学でも、妊娠・出産・育児というライフイベントを機に多くの先輩女性医師が現場を離れていきました。

その背景には、臨床現場における“ALL OR NON”の原理が挙げられます。つまり、妊娠・子育て中も皆と同じ働き方ができなければ、臨床現場を去るしかなかったわけです。皆と全く同じには働けなくても、女性医師が働き続けられるシステムを作ろうということで、2008年に開設されたのが「医学部女性医師支援室」です。

大学の組織内にこのような支援室を開設できたのは、日本私立学校振興・共済事業団の私立大学等経常費補助金特別補助事業(『女子教育の歴史と経験を生かした、女性医師への子育て経験等活用リカレントプログラム』)として採択されたことが大きかったです。

 
Q2.片桐先生が女性医師支援室室長に就任され、どのような取り組みを実践されたのですか?

ご存知の通り、大学病院で働く医師は、約10年間は無給医という時代がありました。その間に医師としての研鑽を積み、しかるべき年限が来た時にポストが空いていれば、有給のポジションに就けるというのが常でした。ところが、女性医師のなかには自己研鑽の途中で、妊娠・出産などのライフイベントがある人もいます。当時は、産休・育休の取得期間や、同級生より当直回数が少ないことなどを理由に、男性医師や後輩らにポストを譲ることが暗黙の了解だったわけです。

そこで、「皆と同じでなくても、妊娠・出産後も女性医師が働き続けることができる目玉施策」として、女性医師支援室が中心となり2010年に准修練医制度*1 を施行しました。

*1:「准修練医制度」『東邦大学 ダイバーシティ推進センター』
https://www.lab.toho-u.ac.jp/univ/diversity/backup/training/index.html

 
Q3.准修練医制度の特徴を教えてください。

准修練医制度は子育て、介護などの理由により、それまでと同様の勤務内容では勤務継続が困難な医師のために、新たに設けられた短縮勤務制度の有給ポジションです。勤務日数は週3.5日、そのうち1日は外勤もしくは自宅勤務も可です。週20時間以上の勤務となるので、社会保険の対象にもなり安心です。対象者は本学レジデント・シニアレジデント・大学院生もしくは過去に本学に研修歴ないしは勤務歴があり、再度修練を希望する医師です。利用期間は原則1年。年度毎の更新が必要ですが、最長10年まで利用できます。

准修練医制度の特徴

有給、社会保険完備

・対象者
  東邦大学のレジデント・シニアレジデント・大学院生・もしくは過去に東邦大学で研修歴ないし勤務歴があり再度修練を希望する医師

・制度の期間
  原則1年。年度毎の更新が必要で、最長10年まで

・勤務
  「医学部における医師及び教員の勤務時間に関する申し合わせ事項」が適用されます。ただし、勤務日数については週3.5日勤務とし、そのうち1日2単位※)は自宅勤務可能(※1単位=0.5日)

・修練機関の算定について
  准修練医が再度レジデント又は、シニア・レジデントに応募する場合の修練期間の算定については、准修練医としての勤務歴の2分の1を修練期間とする。

短縮勤務をサポートする同僚への配慮
上司の理解が成功のカギ

Q1.この制度を作る際に、注意したことはなんですか?

主に2点あります。1つは利用者にとってメリットのある制度であること。例えば、週3.5日以上勤務していれば常勤職とみなされ、週20時間以上勤務であれば健康保険などの社会保障も付けられます。週3.5日のうち1.0日は外勤も認められており、例えば、大学で2.5日、残りの1.0日は外勤または自宅修練も可能です。外勤が可能なので収入は確保できます。また、ライフイベントをより優先したい方は自宅研修を選択することでプライベートの充実を図ることができ、自分に合ったワークライフバランスを選べることがポイントです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。