ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[かぼちゃ丸ごとレシピ]グラタンとスイーツのおもてなしレシピ

[かぼちゃ丸ごとレシピ]グラタンとスイーツのおもてなしレシピ

かぼちゃを丸ごと使った、おもてなしにぴったりなレシピを紹介します。ここでは、丸ごと食べられる、小ぶりな坊ちゃんかぼちゃをメインに使います。

かぼちゃを丸ごと使ったおもてなし料理

器にする「坊ちゃんかぼちゃ」は、ひとつ500gほどの小型のかぼちゃ。丸ごと電子レンジでも調理でき、加熱後は皮つきのまま丸ごと食べられます。

坊ちゃんかぼちゃのグラタン

かぼちゃの甘みとチーズのコクがたまらない!   

坊っちゃんかぼちゃのグラタンのレシピ

材料(2人分)  

坊ちゃんかぼちゃ:2個

カマンベールチーズ(または溶けるチーズ):50g

[A]  

トマトピューレ:100g

タマネギのみじん切り:大さじ2

塩、こしょう:各少々

坊ちゃんかぼちゃを水で濡らし、丸ごとラップに包んで、電子レンジ500Wで約4分加熱する。

1の上端を切り取って、蓋を作る。種とわたはスプーンで取り除く。

Aを混ぜて2の中に入れ、その上にカットしたカマンベールチーズをのせて、オーブンまたはトースターでチーズに焼き色がつくまで5分ほど焼く。

3が焼き上がったら、蓋を添えて完成。

かぼちゃのハロウィンスイーツ

やさしい甘さが子供にも大人にも嬉しい!  

かぼちゃのハロウィンスイーツのレシピ

材料(1人分)  

坊ちゃんかぼちゃ:1個

かぼちゃ(中)※黒皮栗など甘い品種がおすすめ:1/6個

バター:20g

牛乳:適量

砂糖:適量 (必要な場合のみ)

黒豆の蜜煮(市販):少々

生クリーム:少々

坊ちゃんかぼちゃを、電子レンジ600wで1分~1分30秒ほど温める。

1の上端を蓋になるように切り取り、中身を皮が1cmほど残るようにスプーンでくり抜いて器を作る。

2の中身と、皮をむいてざく切りしたかぼちゃ(中)を、耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけ、1分~1分30秒ほどレンジにかける。

3をボウルなどに移してつぶし、バターを入れて混ぜながら、かぼちゃがなめらかなクリーム状になるまで牛乳を少しずつ加える。味を見て、甘さが足りないようなら砂糖を加える。

4を2の器にいっぱいになるまで入れ、表面をスプーンやへらなどで平らにする。

5を予熱したオーブンに入れ、170℃で15分ほど焼く。

6が焼き上がったら、上に黒豆の蜜煮と、泡立てた生クリームを飾る。蓋を添えて完成。

かぼちゃはおかずからスイーツまで幅広く使えます。ミキサーを使わずに作れるスープやプリンのレシピもあるので、ぜひおもてなしのレパートリーに加えてみてください。

かぼちゃのポタージュ、プリンのレシピはコチラ

[かぼちゃ]簡単な切り方と冷凍保存のポイント

[かぼちゃ]簡単な切り方と冷凍保存のポイント

甘味があり、子どもにも人気のかぼちゃ。「ビタミンエース」と呼ばれるビタミンA、C、Eが比較的多く含まれています。食用のかぼちゃには大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」があります。現在、流通量が多いのは「栗かぼちゃ」と呼ばれる西洋かぼちゃの一種です。

最終更新:2018.11.01

最終更新:
文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
JAグループ福岡(坊ちゃんかぼちゃのグラタン)※レシピ考案:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか
JA多気郡(ハロウィンスイーツ)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。