ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

裏社会ライターがめぐる『京都伏見警察署』探訪!

どうもどうもどうも! 特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!

一日警察署長を務めた木下ほうかさんのマネージャー代わりに同行させていただいた、京都にある『伏見警察署』ですが、な、なんと今回、警察署内を見学させていただけることになりました! 警察署内を現役の刑事の方に案内してもらうことなどなかなか無いこと。

今回は、その模様をリポートしてみたいと思います!

※本記事は写真記事となります。すべての写真が表示されない場合はこちらからどうぞ。

犯罪件数が多い伏見警察署の警察官たちは多忙!

まず初めに、伏見警察署のことについて解説したいと思います。

伏見警察署は、京都府警察が管轄する警察署のひとつで、南区の久我や羽束師、山科区にほど近い醍醐や日野、石田地区を除いた京都伏見区の大半のエリアを受け持っている京都府内では筆頭の大規模警察署になります。

<写真:警察署のオフィス側からエントランスを撮影>

京都在住の人間にしかわからないかもしれませんが、伏見区は非常に犯罪件数が多いので、330人の署員の方々は日々大変な思いをしながら街の平和を守り続けています。今後は警察署の再編を受け、管轄区域の変更により伏見警察署は伏見区エリアの全域を受け持つことになる予定らしく、今よりもかなり忙しくなることが見込まれるそうです。

そのためにも犯罪の抑止が大切になってくるわけですね。

そんな多忙な中にも関わらず、署内を見学させていただけるのはありがたいことです。

建物が古いのでロッカールームがない!

伏見警察署の建物はかなり古くなっていて、ロッカールームも相談室もアイデアをひねり出して、なんとかスペースを空けている感じでした。

仮眠室にある地域課のロッカー、被害者の方から担当刑事が話を聞く相談室にもロッカーが置いてありました。とにかくスペースがないんですね。これは大変です。

一般的な警察署なら完備されている“報道関係優先席”も1階の狭いスペースに椅子を設置。苦労のあとがうかがえます。

一日署長・木下ほうかさんのために用意された制服に、“旭日章 (警察章)”があしらわれたガチャベルト発見! こんなのあるんだ……ちょっとほしい。

署内は情報保護の関係でなかなか写真撮影ができませんでしたが、警務課(警務係、住民相談係)や地域課交通課、殺人事件を担当している捜査課マル暴取調室留置場の入り口、酔っ払いなどの被収容者をひと晩泊らせる保護室(トラ箱)など見せていただきました。

白バイとパトカー、護送車に感動!

災害時などに役立つ大きな鍋が設置された調理室を抜け、署内から車両が置かれた駐車場へ移動。外で警察車両の説明を受けます。

若手機動隊員のみなさんが車両の天井にのぼって洗車中だった護送車なのですが、とにかくデカい! この車は囚人護送に使われるというよりも、有事の際に人員護送の目的で使われる遊撃車のようですね。例えば学生運動や暴動の鎮圧などで、機動隊員が向かう際に利用されているようです。いやー、迫力が違う!

マル暴の刑事・田中さんの絶妙な仕切りで、どんどん車両を見ていきましょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき