ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』への複雑な思いと映画製作に滾らせる情熱 『スカイライン-奪還-』コリン・ストラウス(プロデューサー)インタビュー

▲宇宙人と戦うフランク・グリロ『スカイライン-奪還-』(C) 2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

映画『スカイライン-征服-』は、謎の生命体による地球征服までの3日間を描いたSFパニック映画だ。2010年に公開された同作は、『アバター』『ジオストーム』などハリウッドのメジャーSF大作でVFXを担当してきた制作会社・ハイドラックスが生み出した野心作。人類が青い光に次々と吸引されていく強烈なオープニングに始まり、ビルに閉じ込められた人々による密室ドラマ、爆死する勇ましい管理人、そして衝撃のエンディングなどの奇抜なアイデアと、最新技術で生み出されたハイクオリティな映像で、世界中で熱狂的な支持を獲得。約20億円の低予算で製作されながら、全世界では約70億円の興行収入を得ている。

そんな前作から約7年を経て、続編『スカイライン-奪還-』が10月13日に公開される。前作で脚本を担当したリアム・オドネル監督がメガホンをとった本作は、フランク・グリロ(『アベンジャーズ』シリーズ、『パージ』シリーズ)、イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン(『ザ・レイド』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)らをキャストに迎え、シリーズをSFバトルアクション映画へと変貌した。人類が地球“奪還”を試みる姿を描く。今回は、前作『スカイライン-征服-』の監督であり、シリーズのプロデューサーであるコリン・ストラウスにインタビューを敢行。盟友であるオドネル監督の魅力から、『スカイライン』シリーズ誕生の経緯、映画製作に滾らせる熱い想いまで、じっくりと語ってもらった。

『-征服-』から『-奪還-』へ 『スカイライン』の変化

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――二作目は一作目より大きな予算で製作されたと聞いています。一作目の成功で、予算を集めやすかった?

予算は間違いなく集めやすかったですね。大きな予算と言っても、規模はまだ小さいですけど。4~500万ドル増えた程度で、2倍や3倍に増えたわけではなく、50%アップしたくらい。一作目が海外で成功して、人々の関心が高まったから、資金を集めるのはさほど苦労しなかったです。二作目の成功も、ある程度は見えていました。

――一作目公開時から、『スカイライン』シリーズは三部作を想定していたと聞いています。企画立ち上げ当初から、二作目のコンセプトも決まっていたのでしょうか?

基本的なアイデアは頭の中にありました。やりたいことや、大まかなコンセプトはすでに考えていたんです。一作目はエイリアンの侵略と人間の敗北を描いています。人間が勝利しないから、面白いエンディングになっているんだと思います。二作目では、人間は彼らに立ち向かいます。三作目もすでに脚本が完成していて、今は出資者などに読んでもらっている段階。エイリアンに攻撃を仕掛けるという内容です。三作品とも、それぞれを異なる哲学、トーン、テーマにしたかったんです。

――二作目では、なぜリアム・オドネル監督がメガホンをとることになったのでしょう?

リアムは脚本家として、ぼくたちと何年も組んできたパートナーです。『スカイライン-奪還-』の制作時は、ぼくはちょうど『カリフォルニア・ダウン』にVFXスーパーバイザー・第二班監督として参加していて、兄(グレッグ)も忙しかった。だから、頭が切れて作品に対して情熱的なリアムに、監督デビューのチャンスを与えるのがベストだと思いました。とにかく彼を信頼していたんです。ぼくたちが一作目で描いたビジョンを、彼は二作目でさらに発展させてくれました。ポスト・プロダクションに入っても、彼はぼくたちの方針を知っているから、うまく物事を進めてくれました。

――なるほど。

インディペンデント映画の世界には、残念ながらSF映画の作り方やポスプロをあまり理解していない監督もいます。(予算規模の小さな)SF映画自体が作られることが少ないからです。でも、リアムは『AVP2 エイリアンVS.プレデター』にも参加していましたし、『スカイラン -征服-』の現場にも毎日いました。CMを作る際も脚本を担当してもらっていたので、彼に監督を任せるのが一番だと判断しました。

『スカイライン-征服-』予告篇(YouTube)
https://youtu.be/joKOptuPf_U

――オドネル監督の、クリエイターとしての魅力を教えてください。

クリエティブの過程は難しいものです。互いを家族のように愛していないといけない。必ず意見の相違が出てくるし、議論も沸き起こります。リアムも兄もぼく自身も、熱い人間ですし。3人のエゴから、1つのアイデアを生み出さないといけない。リアムの好きなところは、アイデアをぶつけ合って熱く議論しても、翌日再び集まって、「あの案とあの案はイマイチだったが、こうすれば3人の意見を反映できる」と話し合えるところです。彼は部屋に閉じこもって、自分だけで作業をするタイプじゃない。共同作業を好む人です。ぼくたち兄弟は、今回も編集やポスプロやアニメーションなどで参加していますが、いいコラボレーションが生まれました。互いに何が好きかを理解しているし、どう補い合うべきか分かっているから上手くいく。これはとても重要なことだと思います。

――フランク・グリロ、イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアンは、どんな経緯でキャスティングされたのでしょうか?

三人のキャスティングは、製作費が膨らんだ最大の要因です(笑)。一作目を作り始めた時は配給会社もついていなくて、ベルリン映画祭で初めて売れました。だから一作目は、誰が観るのか分からないまま作ったものなんです。でも、二作目はそういうわけにはいかなかった。フランクはいいキャスティングだったと思っています。ヒーロー役にピッタリでしたし、SF映画特有のウソっぽさもなく、リアルに演じてくれています。

――イコさんとヤヤンさんはいかがでしょう?

面白いことに、リアムの奥さんはアジア系、ぼくの妻も日本人で、二人ともアジア文化が昔から好きだったんです。そして、『ザ・レイド』も大好き。アメリカのメジャー映画ではないんですけど、出演していた二人を気に入っていたので、本作にもいい影響を与えてくれると思いました。マーシャルアーツを取り入れるのは、リアムのアイデアです。ただ撃ち合うのではなく、ナイフなどを使って、ほかのSF映画と差別化したい、と。確か、イコとヤヤンが候補に挙がってから、彼らの作品を何本も観ていて、『ザ・レイド』の観賞中に「この二人に出演してもらったら?エイリアンと対決させたら面白いよね」という話になったんだと思います。そこからリアムが具体的なアイデアを閃いて、考え、ぼくたちに提案してきました。彼らが出演してくれて本当に良かったと思います。違う役者だったら、別の映画になっていたでしょう。

▲イコ・ウワイス(C) 2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――イコ・ウワイスは『マイル22』やNetflix『Wu Assassins』で頭角を現しています。どう評価していますか? また、ハリウッドではどう評価されていますか?

役者として、すごく好きですよ。出演作はどれも気に入っています。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、もっと大きな役を演じて活躍して欲しかったんですけどね……それだけが残念です。『マイル22』も、いい作品に仕上がると思っています。今ハリウッドでは、アクション俳優が不足しています。そういうタイプの役者はみんなマーベル作品などに出演していて、昔ながらの“アクションスター”がいない。以前は、ジャン=クロード・ヴァン・ダムやドルフ・ラングレン、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、メル・ギブソンがいました。トム・クルーズは今も活躍していますけど。幼い頃にはカッコいい役者が数多くいたのに、今は限られていますね。

――同感です。

マーク・ウォールバーグがその穴を埋めようとしていて、イコも最近は一般的に知られるようになりました。こういう形で、役者のタイプが広がってきたのは嬉しいですね。ハリウッドが様々な人種や国籍を受け入れ始めた証拠です。『マイル22』などをきっかけに、アジアをはじめとした他の国々の役者が注目されるようになり、いい役が彼らに回ってきて、実力を証明できる場が増えたら最高ですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy