ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急速報】最新アベンジャーズ作品タイトル決定 / アベンジャーズ: アナイアレーション

avengers-annihilation1

マーベルシネマティックユニバース(Marvel Cinematic Universe)として22作目にあたり、アベンジャーズシリーズとして4作目となる作品のタイトルが「アベンジャーズ: アナイアレーション」(Avengers: Annihilation)になることが判明した。

・スーパーヒーローたちが総入れ替え
アナイアレーションとは「消滅」「殲滅」「全滅」を意味するもので、スーパーヒーローたちが総入れ替えすると言われている今作のタイトルとして、非常にふさわしいものとなっている。

・ハルク役のマークラファロ氏が暴露
今までも数多くのタイトルに関する憶測が飛び交っていたが、今回はハルク役のマーク・ラファロ氏や、監督であるルッソ兄弟がTwitterやマスコミでヒント(暴露!?)を出していることから、「アベンジャーズ: アナイアレーション」というタイトルがより確信できるものとなった。

Look hard… pic.twitter.com/NxI8RFh4f6

— Russo Brothers (@Russo_Brothers) 2018年9月19日

avengers-annihilation

・この世界とは違う世界線へ移行する結末になる
完成原稿によるストーリーは不明なままだが、おそらく今作は「多くのヒーローがいなくなる」「この世界とは違う世界線へ移行する結末になる」と言われている。

・別の俳優が演じていても納得がいく
それにより、いまだマーベルシネマティックユニバースに合流していない「X-MEN」シリーズや「ファンタスティックフォー」などの作品がアベンジャーズ世界に違和感なく入るようになると言われている。それならば、クイックシルバーやワンダの設定が違っていたり、別の俳優が演じていても納得がいく。以下は、マーベル作品に詳しいメディア関係者のコメントである。

・メディア関係者のコメント
「あくまで信憑性70%の情報ではありますが、今回の「アベンジャーズ: アナイアレーション」によって物語の舞台がパラレルワールド(違う世界線)に突入し、X-MENがいる世界がメインとなります。よって、現在のアベンジャーズたちがX-MENの世界に入り込んでくる形になるのではと言われています。つまり「アベンジャーズ: インフィニティウォー」のドクターストレンジが探り当てた、唯一、人類が助かる道は「別の世界線に行く」(別の世界線からヒーローを連れてくる)という道だったのです。そこへ行くにはキャプテンマーベルの能力が必要とされますが、詳しくは不明です。それによって必然的にデッドプールやウルヴァリンなども加わります。これが実現されればマーベルファンとしてはワクワクする話になりますね。情報筋から得た情報とはいえ信憑性70%なので信じるか信じないかは皆さんに判断を委ねます。2022年以降にはDCコミックとの合作「アマルガムユニバース」もありますし、今から楽しみです」

・予告は「キャプテンマーベル」の上映時
はたしてアベンジャーズ最新作「アベンジャーズ: アナイアレーション」はどのようなストーリーになるのだろうか。いまから公開が楽しみである。ちなみに、「アベンジャーズ: アナイアレーション」の予告は「キャプテンマーベル」の上映時に公開される予定だ。

もっと詳しく読む: 最新アベンジャーズ作品タイトル決定 / アベンジャーズ: アナイアレーション(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/08/avengers-annihilation-movie-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy