ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ブロックチェーンを活用し、PB商品のサプライチェーンを透明化した蘭企業

オランダ最大級のスーパーマーケットチェーン「アルバート・ハイン(Albert Heijn)」は、2018年9月、清涼飲料水を専門とする充填事業者「Refresco」との提携のもと、プライベートブランド(PB)のオレンジジュースを対象に、ブロックチェーンを活用したサプライチェーンの透明化をスタートさせた。

・サプライチェーンをブロックチェーンで透明化

アルバート・ハインでは、ブラジルの農園でオレンジを収穫し、搾った果汁を欧州の「Refresco」に向けて出荷させ、「Refresco」で品質検査を行った後、パッケージに充填させて、各店舗に陳列するまでのサプライチェーンをすべてデータ化。

これらのデータは、ブロックチェーンをベースとする「Supply Chain Information Management」社のプラットフォームに保存される仕組みだ。

消費者は、パッケージに貼り付けられたQRコードをスマートフォンで読み込むことで、原産地はもちろん、原材料であるオレンジの収穫時期や糖度まで、一連のサプライチェーンをくまなく確認できる。

・サプライチェーンの透明化にブロックチェーンが活用できる!?

アルバート・ハインは、これまでに、1万1000種類ものプライベートブランド商品を取り扱ってきた。

オレンジジュースのように、国境をまたぎ、複数の事業者が介在する商品では、サプライチェーンも長く、複雑になりがちだ。

アルバート・ハインの取り組みは、ブロックチェーン技術におけるサプライチェーンの透明化への応用可能性を探るうえでも、興味深いものといえるだろう。(文 松岡由希子)

Ahold Delhaize

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき