ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カナダの歴史教育がうらやましくて仕方がない(読む・考える・書く)

今回はバージルさんのブログ『読む・考える・書く』からご寄稿いただきました。

カナダの歴史教育がうらやましくて仕方がない(読む・考える・書く)

先日、spark(@Yonge_Highway7)さんがツイッターで連投されていたカナダの歴史教育の話。
https://twitter.com/Yonge_Highway7

子供の歴史教科書についてこれから投稿する。ちなみにカナダは高校まで義務教育で教科書も無料で支給される。ただし学校の所有で学年が終わったら返却する。

まず「歴史とは何か」「歴史はなぜ重要か」から始まる。私が何回かツイートした「歴史は現在の我々がどのようにして形作られたか、我々は未来にどこに向かうのか教えてくれる」という言葉が書いてある。トロントの昔の写真と現在の写真を重ねて、過去と現在の連続性を象徴的に見せる。

「なぜ歴史を勉強するのか」
歴史の教訓が我々をどう導くか、情報に基づいた判断をしてより良い社会を作るためである。
具体的にカナダは過去に15万人の原住民の子供たちを家族やコミュニティから引き離し、虐待や病気などに晒したことを例に出している。

歴史を学ぶのは過去を変えるためではない。2008年、カナダ連邦政府は、インディアン寄宿学校システムについて原住民たちに謝罪した。
カナダ政府は真実究明と和解のための委員会が発足し原住民たちが自分の経験を共有できるようにした。またこの事実を広く認知させるべきと認めた。

これはよりリスペクトと思いやりのある社会を築くために役立つ。
「この作品を作ったのは、サバイバーたちや家に戻って来れなかった子供たちのためです。我々は決して忘れてはならない」
「歴史は被害者に対する癒やしとより良い未来のために重要。カナダ人は過去を直視し、学ばなければならない」

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき