ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

50代男性が離婚届を突きつけられた話に反応続出! 「妻の言葉を軽く聞いていたのでは」「面倒見てもらうのが当たり前に」

rikon_tweet_01

厚生労働省の平成29(2017)年『人口動態統計の年間推計』によると、婚姻件数が約607000件に対して離婚数は約211000件。離婚率は1.7%となっています。

ある『Twitter』ユーザーが50代男性が妻に離婚届を突きつけられた話をツイート。さまざまな反応が集まっています。

50代おじさんが、20年連れ添った妻から急に「あなたの面倒はもう見られない」とキレられて、離婚届けを突きつけられたけど、まったく心当たりがない、と。
たぶん、心当たりがないことに原因の全てが詰まっているような気がする。

「熟年離婚あるある」といった声のほか「自分の夫も仕事以外何もできない」「知り合いでも数例離婚している」といった人も見られたその理由。「自分の身の回りのことも丸投げだったのか」といった推測のほか、「妻の言うことを軽く聞いているのでは?」といった意見も。

大方の男性が、妻からの要求や希望、やめて欲しいという言葉を軽く受け止めがちだと思います。妻は大抵本気ですけど、夫は「へーへー」と聞き流すことが積もり積もって、というパターンが多いように感じます。男女の脳の構造の差?逆に女性は1度言われたことを根に持ってたり…。書いて張り出すべきか

家族の生活が当たり前になって相手のことを理解しないという趣旨のツイートも。

多分こういう人って、20年連れ添ってても、奥さんの好物の一つも知らなかったりするんですよね。沢山面倒見てもらってても、それを当たり前だと受け取り、相手の言うことをちゃんと聞いたり、知ろうとはしない、そう言う男性は多いです。

一方で女性の側からも、「自分が愛想をつかされるかもしれない」と感じているというツイートが上がっていました。

私は逆パターンを恐れてる 「お前の面倒はもう勘弁してくれ」と言われて離婚届突きつけられたらどーしよう …心当たりありまくり

子どもが独立したタイミングで離婚を考えるという人も少なくなく、「文句を言われているうちが華」という声もあった離婚問題。コミュニケーションが十分かどうか、そもそも一緒に暮らしていくことに無理はないか、振り返る機会を持つことが大事なのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2010/01/01-032417.php [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき