ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燃え上がる高層ビル・巨大ザメ・地球外生命体から死霊まで…… 2018年秋 人間の敵がヤバすぎる!!

%e3%80%8e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

映画史において、実生活ではまず遭遇することのない敵と戦う作品は数えきれないほど製作されてきました。特に、2018年秋は、燃え盛る世界一高いビル、人間の何倍もデカイ超巨大ザメ、もはや人智を超えすぎる地球外生命体、恐怖の象徴である死霊、そして音・沈黙さえも立ちはだかってくるなど、ヤバすぎる敵の連続であり、そのバリエーションは選びきれないほど盛りだくさん! 今秋公開される”人類がとんでもない敵を相手にする映画”をまとめてご紹介。

『スカイスクレイパー』(9月21日公開) 家族のために、大炎上した高層ビルへ突入!
今年だけでも『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、『ランペイジ 巨獣大乱闘』と、アクション映画での主演が続いてきたドウェイン・ジョンソンが義足のパパとなって、香港にそびえ立つ全高1km超えの超高層ビル”ザ・パール”の大火災に巻き込まれた家族を救うため単身突入!ドウェインパパは、まさに燃え盛る地獄と化した世界一の高層ビルを舞台に、観ているだけで足のすくむ超絶アクションを披露し、様々な困難に立ち向かいます!絶体絶命の状況のなか家族を救い、無事大炎上した摩天楼から脱出することはできるのか!?今秋最大級にスリル満点、大迫力な家族救出劇!

(C)Universal Pictures

%e3%80%8emeg-%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

『MEG ザ・モンスター』(公開中) 悲鳴ごと飲み込まれる!巨大ザメが人々に襲い掛かる!
200万年前に実在した超巨大ザメ、メガロドン通称<MEG>が現代に甦る海洋パニック・エンターテインメント。全米はじめ全世界34か国で初登場1位、全世界興収4億ドルを突破した本作では、人類が地球上最も深い海とされる”マリアナ海溝”を超える深海で発見された超巨大ザメ・MEGに立ちむかう人々の姿が描かれます。『ワイルド・スピード』シリーズで地上最強のともいうべき活躍をしたジェイソン・ステイサムが、今度は深海レスキューのプロであるジョナス役として、巨大ザメとの生死をかけた水中アクションも披露!海という圧倒的不利な状況で、とんでもないデカさを誇る敵に打ち勝つことはできるのか!?

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

プレデター

『ザ・プレデター』(公開中) 危険度MAX!宇宙最凶のハンター襲来!
1987年に1作目が公開されて以降、世界中に多くのファンを生み出してきた「プレデター」シリーズの正統な続編となるSFアクション。ある1人の少年が謎の装置を起動させたことにより、かつて人類を恐怖の底に突き落としてきた地球外生命体「プレデター」を呼び寄せるシグナルが発信され、人類は再び宇宙最強のハンターと対峙することに。さらに、驚異的な戦闘センスと戦闘能力を合わせ持ち、戦うことを最大の喜びとするプレデターは、異種交配により遺伝子レベルでグレードアップ!規格外のパワーを持つプレデターまでもが姿を現し、人類は過去最大の危険にさらされてしまいます。果たして人類に未来はあるのでしょうか?

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

%e3%80%8e%e6%ad%bb%e9%9c%8a%e9%a4%a8%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

『死霊館のシスター』(9月21日公開) 祈っても無駄。悪魔のシスターと対決!
実際にあった心霊現象を映画化し、全世界で360億円以上の興行収入を記録した『死霊館』(13)。この大ヒットから、『アナベル 死霊館の人形』(14)、『死霊館 エンフィールド事件』(16)、『アナベル 死霊人形の誕生』(17)と続々製作され、世界累計興収1350億円超えの大ヒットとなった”死霊館ユニバース”の最新作『死霊館のシスター』では、シリーズすべての恐怖の始まりが描かれます。ひとりのシスターが不可解な自殺を遂げたルーマニアの修道院に送り込まれたバーグ神父(デミアン・ビチル)と、見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)。2人はこの事件を追うにつれて修道院に隠された秘密とともに、”悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙することになります。サメや地球外生命体とまた違う、死を超越する恐怖に戦慄するはず…!

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

%e3%80%8eaqp%e3%80%8f%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

『クワイエット・プレイス』(9月28日公開) 音を立てたら、即死!音に反応する”何か”から生き延びられるのか!
全米公開後、低予算ながら初登場1位でオープニング興収5000万ドルという数字を叩き出し、累計興行収入も『ドント・ブリーズ』(16)『ゲット・アウト』(17)など近年話題のホラー話題作を軽々と超え、2018年度のオリジナル作品全米No.1の大ヒットを記録!米映画批評サイト「ロッテン・トマト」では驚異の”95%Fresh”と大絶賛された新体験のサバイバルホラー。本作では、音に反応して人間を襲う”何か”によって荒廃した世界で、手話を使い、裸足で歩くなど、静寂と共に暮らしている家族の姿が描かれます。果たして彼らは”音を立ててはいけない”という常に張りつめた状況下で生き延びることができるのか!?今秋待ち受ける新たな恐怖に、劇場でポップコーンが食べられないほど身動きが取れなくなること間違いなし!

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

『スカイスクレイパー』特集やってるよ!
https://getnews.jp/skyscraper

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy