ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水を濾過して飲用に!世界初の浄水器兼用トレッキングポール「PurTrek」

アウトドアに必ず必要なもの、それは「水」である。人間は水がなければ生きていけない。

では、もし山中でのトレッキングの最中に水を切らしてしまったら? 目の前に川や湖があったとしても、その水をそのまま飲むわけにもいかない。何かしらの浄水装置が必要である。

そこで重宝するのが「PurTrek」というトレッキングポールだ。いざという時に濾過器として使用できる一品である。

・水中の不純物を除去

濁った川の水は、やはり飲めるものではない。しかしその川にPurTrekを差し込み、飲水を得るという手段もある。

PurTrekのグリップはポンプになっていて、これを使って水を汲む。最大500Lの水を濾過できるフィルターで、砂やバクテリア、マイクロプラスチック等を取り除く。そうしてできた綺麗な水をチューブで容器に入れるのもいいし、直接チューブを口にしてしまうのもいい。いつでも安全な飲料水が手に入るという仕組みである。

開発者は、水中に含まれる不純物の99.9%を除去できるとしている。いつでも飲み水を携帯しているのがベストではあるが、たとえば遭難時にはこのPurTrekが大いに役立つだろう。

布と砂と小石があれば、製品に頼らずとも水の濾過はできる。しかしそれは即座に完了できる作業ではないし、手間もかかる。PurTrekを使った濾過作業は、誰にでも簡単にできるのが特徴だ。

・普段はトレッキングポールとして

フィルターはカートリッジ式で、脱着も苦ではないようだ。普段はトレッキングポールとして使う製品だから、携帯に苦慮することもない。トレッキングポールと濾過器を足して2で割るという発想は、決して奇をてらったものではないと思うがいかがだろうか。

PurTrekはクラウドファンディング「Kickstarter」で99ドル(約1万1000円)からの出資を募っている。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。