ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、新日本プロレスはベビーフェイスとヒールの境界線が曖昧になったのか(NJPW FUN)

なぜ、新日本プロレスはベビーフェイスとヒールの境界線が曖昧になったのか

今回は川野優希(NJPW FUN)さんのブログ『NJPW FUN』からご寄稿いただきました。

なぜ、新日本プロレスはベビーフェイスとヒールの境界線が曖昧になったのか(NJPW FUN)

ベビーフェイスとヒール。

メキシコではテクニコ、ルードと呼ばれる。

正義の味方が悪をやっつける。仮面ライダーや戦隊ヒーローが描く勧善懲悪の世界。

誰が見ても分かりやすく、感情移入がしやすい世界観だ。

ただ、近年の新日本マットを見てみるとベビーフェイスとヒールの境界線が曖昧になり、複雑化しているように思える。

例えば、現在の新日本プロレスを席巻するベビーフェイスでもヒールでもない“制御不能”なユニット『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』。その輝きは凄まじく、ユニット結成後は、飛ぶ鳥を落とす勢いでスターダムへと駆け上がった。

内藤哲也選手、EVIL選手、BUSHI選手、SANADA選手、髙橋ヒロム選手の5人の見た目は明らかにベビーフェイスのそれではない。

だが、結成当初こそ試合への介入やラフファイトが横行したが、最近では内藤哲也選手が唾を吐きかけることやEVIL選手のイス攻撃、BUSHI選手の毒霧を除き、クリーンなファイトへと変化した。2018年現在、彼らにブーイングを送る観客は一部を除いて存在しない。

ベビーフェイスでもヒールでもない存在。僕はこの存在をヒール2.0だと定義した。

ベビーフェイスとヒールの世界観から抜け出した新日本プロレスの世界。今回はプロレスの歴史を紐解きつつ、棚橋弘至選手がケニー・オメガ選手にイデオロギー抗争を仕掛けた理由について考察していきたい。

・戦後の日本とベビーとヒールと
・黒のカリスマがヒール2.0を生み出した
・ブーイングを浴びるベビーフェイス
 キング・オブ・ストロングスタイル
・制御されていた“星屑”と金の雨を降らす男の現実
 2010年代の日本
 強すぎる男
 ダークヒーローからヒーローに
・次世代のエースはベビーフェイスの洗礼を受けた
 ベビーとヒールの狭間へ
 標的は新日本プロレス
・6つのキャラクターが群雄割拠するマット
 矢野通の前に矢野通なし
・イデオロギー抗争
 オカダ対内藤にはドラマが存在した
 ベストバウト・マシンへの変貌
 G1クライマックスの柴田勝頼
・新世界の新日本の幕開け

 

戦後の日本とベビーとヒールと

1950年代。敗戦後の日本には大きな反米感情があったという。僕のように今のプロレスしか見ていない人間には想像もできなかったことだが、当時のプロレスは、日本人対“ガイジン”の試合がメインイベントだった。

巨体の“ガイジン”が、日本人レスラーを追い詰める。

そこに観客はブーイングを送る。

俺たちの英雄に何をするんだ!」と。

その声援を受け、日本人レスラーは起死回生の一撃を放ち逆転勝利を収める。

街頭テレビに映し出されるその光景に観客は心を震わせ、明日への活力を見出す。

その主役は日本のプロレス史にとって欠かすことがなできない力道山先生だった。

当時のプロレスは、勧善懲悪の世界でありベビーフェイスが絶対の支持を浴びていた。

日本人対決はタブーと言われた時代だった。

 

黒のカリスマがヒール2.0を生み出した

戦後の復興を経て、高度経済成長期へ。バブル経済が弾けた後には、勧善懲悪の世界観にも変化が生じてきた。

時は1990年代。

『スラムダンク』や 『幽☆遊☆白書』など、不良が中心となる漫画が増えた時代である。

明るくていい奴よりも、悪いやつの方がクールでカッコいい。

悪いけど優しいところに魅力を感じる。そんな新しい価値観が定着した頃に、新日本マットには“黒のカリスマ”が現れた。

闘魂三銃士の中で最も地味だと言われていた蝶野正洋選手が魅せた新しい姿は、民衆を惹きつけた。

nWo、nWo JAPAN、TEAM 2000。

これまでブーイングの対象であったヒールが、歓声を集める時代へ。

そして、タブーと言われていた日本人対決は当たり前の光景となっていた。蝶野正洋選手のライバルは同期の武藤敬司選手だった。

戦後の復興を乗り越えたプロレスは、隣のライバルに負けないという、日本の競争社会を象徴するものになった。

1990年から2000年代。新日本プロレスのマットのヒールは“ダークヒーロー”へと変貌を遂げた。ヒール2.0時代の到来だった。

 

ブーイングを浴びるベビーフェイス

“100年に1人の逸材”棚橋弘至選手は希代のベビーフェイスである。

長期海外遠征の経験の無い、完全純正培養。新日本プロレスを体現しているレスラーと言っても過言ではないだろう。

ただし、棚橋弘至選手はベビーフェイスでありながら、ある特徴を持っている。

声援とブーイング。両方を浴びることができるベビーフェイスであるということだ。

終生のライバルである中邑真輔選手から遅れること3年。2006年7月17日、棚橋弘至選手は3度目の挑戦にして悲願のIWGPヘビー級ベルトを戴冠した。

今では、試合後に誰しもが待ち望む言葉。心からの絶唱が誕生した瞬間である。

愛してます

涙ながらに訴えた彼を待っていたのは、ファンからの熱い声援ではなく、ブーイングだった。

“黒のカリスマ”が作った新たなプロレスの世界観は、ベビーフェイスであれば声援を浴びることができる価値観を壊した。

ベビーフェイスでもお客様を納得させなければ、価値を提供しなければ、愛されなければ観客を味方にできない時代になったのだ。

ダークヒーローよりもカッコいいヒーローでなければ認めることはできない。

この流れは2018年でも続いている。2017年、棚橋弘至選手が内藤哲也選手に挑戦した際、ブーイングを浴びたことからもそれは明らかだ。

 

キング・オブ・ストロングスタイル

その後、棚橋弘至選手は全力で愛を伝えた。真剣に愛を伝える彼の姿勢は、市民権を得た。

いつしか“キラー棚橋”という言葉が生まれたように、ベビーフェイスのままヒールのアクションを魅せる新しい一面も覗かせるようにもなった。

その一方で、もう1人のスーパースターが本当の意味で誕生した。現、WWE・中邑真輔選手だ。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy