ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テイラー・スウィフト&エド・シーラン、ハイキング中に【AMAs】はドレイクが獲ると同意する映像公開

テイラー・スウィフト&エド・シーラン、ハイキング中に【AMAs】はドレイクが獲ると同意する映像公開

 親友で、コラボレーターでもあるテイラー・スウィフトとエド・シーランが、現地時間2018年9月12日に発表されたばかりの【2018 アメリカン・ミュージック・アワード】(AMAs)のノミネーションで複数のカテゴリーにノミネートされた。

テイラー・スウィフトによる投稿

 この数時間後、2人がハイキングしながら【AMAs】のノミネーションについて話す様子を捉えた映像が、テイラーのインスタグラムで公開された。映像は、エドが息を切らせながら、テイラーの後を必死に歩く中、彼女に「エクササイズって言葉、聞いたことないの?ギターを弾くのは、含まれないんだよ」とからかわれる場面から始まり、エドが「ねぇ、テイラー、【AMAs】のノミネーションが今発表されたよ。僕、君、そしてドレイクだ」と話しかける。するとお互い「君がきっと獲る」と言ったものの、瞬時に「ドレイクが獲る」と同意している。

 最高賞となる<アーティスト・オブ・ザ・イヤー>には、テイラー、エド、ドレイクの他に、イマジン・ドラゴンズとポスト・マローン、そして<フェイヴァリット・アルバム(ポップ/ロック部門)>には、テイラーの『レピュテーション』、エドの『÷(ディバイド)』、ドレイクの『スコーピオン』がノミネートされている。

 テイラーが「<フェイヴァリット・アルバム(ポップ/ロック部門)>と受賞するのはきっと最も恋愛とハートブレイクついて書いたアーティストね。それを決めるのはみんなよ。私のバイオのリンクから投票できる」とキャプションに綴っているとおり、現在26部門の投票がスタートしている。残りの3部門は【AMAs】のサイトで今月末から行われる。 

 今年の【AMAs】は、現地時間2018年10月9日に米ABCにて生中継され、司会は、トレイシー・エリス・ロスが務める。

◎テイラー・スウィフトによる投稿
https://www.instagram.com/p/Bnox213n4Fc

関連記事リンク(外部サイト)

【2018 アメリカン・ミュージック・アワード】のノミネート・アーティスト&作品が発表 ドレイク/カーディ・Bが最多8部門
テイラー・スウィフト、約8年ぶりに「ジャンプ・ゼン・フォール」を披露
テイラー・スウィフト、【レピュテーション・ツアー】の全米興行収入が女性アーティストとして最高額を達成

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。