ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

犯罪だらけの街にプッツン! イーライ・ロス監督作『デス・ウィッシュ』外科医が復讐に目覚める本編映像[ホラー通信]

イーライ・ロス監督がブルース・ウィリスを主演に迎えておくるリベンジアクション『デス・ウィッシュ』より、本編映像が解禁に。

関連記事:イーライ・ロス最新作『デス・ウィッシュ』予告編 キレた外科医が悪党皆殺し!「俺がお前の主治医だよ」

『デス・ウィッシュ』は、妻と娘を襲われた外科医ポール・カージーが、犯罪だらけのシカゴの街で犯罪者たちを血祭りにあげる処刑人へと変貌していく物語。今回解禁となった映像は、ポールが刑事ノックスのもとを訪ねるシーン。部屋にはシカゴの街で起きた事件のメモがびっしりと貼られ、犯人が逮捕された事件はほんの一割にも満たない。最愛の妻を亡くすこととなった痛ましい事件は、果たして解決する日が来るのか? ボード一面の事件たちを前に、ポールにはある考えが芽生える――。

外科医として人の命を救ってきたポールが、如何にして残酷な処刑人へと変貌したのか。その想いの変化が垣間見える貴重なシーンとなっている。

動画が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

作品概要

『デス・ウィッシュ』
10月19日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

<ストーリー>
警察の手におえない犯罪都市となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。一向に進まない警察の捜査に怒りの頂点に達したポールは自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出し始める。犯罪者には死あるのみ。外科医と処刑人2つの顔を持つ過激な男の壮絶な復讐劇が今、幕を開ける―。

監督:イーライ・ロス『グリーン・インフェルノ』、『ノック・ノック』 脚本:ジョー・カーナハン『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』
出演:ブルース・ウィリス、ビンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、カミラ・モローネ、ボー・ナップほか 
配給:ショウゲート 提供:ポニーキャニオン、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
公式サイト:DEATHWISH.JP 2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/107分/原題:Death Wish/R-15+

_DSC0484.ARW

(C) 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy