ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村拓哉に「拓ちゃん」「絵描いて」吉高由里子の距離感に嵐・二宮が驚愕!

8月16日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)にて、ゲストとして登場した吉高由里子の一面を嵐の二宮和也が明かした。

二宮と木村拓哉がメインキャストとして共演することでも注目を集める映画『検察側の罪人』(8月24日公開)に出演している吉高。番組では、撮影現場での二宮の様子を尋ねられ、「持ち前のひょうきんさで……。本当に木村さんと二宮さんはずーっと喋っていた」とコメント。

一方、二宮は吉高について、「基本的に言っていることがおかしい。今はテレビに出ている姿だから割りと見られるレベル」と評価。

その理由を「スイッチが入る前は現場で素のままになるから、間の詰め方が特殊。僕は(木村拓哉に対して)直系の先輩なのでどう考えても木村くん(呼び)なんですよ。でも、この人(吉高)は急に『ねえ、拓ちゃん』て言うの」と暴露。これには、番組観覧の客席からも「えーっ!」と驚きの声があがる。

櫻井翔も「そう言われた先輩(木村)はどういう感じなの?『お、おぉ……』って反応なの?」と疑問をぶつけると、「そうなる」と二宮。吉高は「『え?うん』て応えてくれて、最終的に“拓兄”って呼ぶようになった」と語った。

さらに、カメラテストの際、二宮は警察の人が話す被害者の特徴などを手帳にメモしているのに対し、吉高は隣で絵を描いており、後ろに座っていた木村にいきなり「拓ちゃん、絵描いてよ」と紙を差し出したという。木村は「ん?おぉ、わかった」と対応するなど、吉高の突然の要求に怒る感じもなく普通に接していたと二宮が撮影現場の様子を振り返った。

また、じゃんけんで負けた人が昼食代をおごることになり、二宮が負けて「うわ~、最悪だよ、絶対払いたくないよ」と渋っていたところ、「もう払っといたから」とサラッと木村がおごってくれた男前エピソードも明かした。

※画像はVS嵐公式サイトより。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。