ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミスド×PABLOコラボ 期間限定『チーズタルド』シリーズを食べ比べ

ミスタードーナツと焼き立てチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」がコラボ! 本日7月20日より、共同開発した新商品『チーズタルド』シリーズ6種を期間限定で販売します。

ミスタードーナツでは、夏に食べたい商品として「レアチーズの商品」の声があったことから、チーズタルトで人気の専門店「PABLO」と共同開発し、『チーズタルド』シリーズが誕生! ミスタードーナツのドーナツ生地に合うよう、PABLOが「レアチーズホイップ」、「ベイクドチーズフィリング」を監修。PABLOの代名詞である「とろけるような食感」にこだわり、ドーナツとチーズタルトの両方の美味しさを感じられるスイーツが完成しました!

ドーナツ生地に合うように新たに開発された“チーズホイップ”は、PABLOで使用しているものよりも少し濃厚に仕上げ、今回販売する2種類に使用されている「アプリコットソース」は、PABLOで実際に使用しているもの。

早速、全6種類を試食してきました!

全種類を1人で味わえるように、それぞれを切って組み合わせ、ドーナツ型にして提供してくれました。夢のドーナツ(笑)!

【チーズタルド アプリコット(216円)】
今回のコラボの代表とも言える、メインの『チーズタルド アプリコット』。半分にカットしたイースト生地に、ベイクドチーズフィリングをトッピングし、オーブンで焼成。その上に、レアチーズホイップをのせ、アプリコットソースをトッピング。

意外と口に入れた瞬間からドーナツ生地の甘さや風味がしっかりと感じられ、ドーナツととろけるチーズタルト、一度にどちらの味わいも楽しめるスイーツになっていました。

【チーズタルト クラム(216円)】
『チーズタルド アプリコット』と基本は同じですが、上にアプリコットソースではなく、スポンジケーキを砕いたクラムをトッピング。チーズタルト感が増し、より濃厚な味わいとなっています。

【レアチーズシュー アプリコット(183円)】
チーズ風味チョコをコーティングした、ふんわりとしたシュー生地の間に、レアチーズホイップとアプリコットソースをサンド。仕上げにアプリコットソースでデコレーションしています。ふわふわの空気を含んだシュー生地、そしてアプリコットソースでさっぱりいただけます。

【レアチーズシュー ストロベリー(183円)】
こちらも、チーズ風味チョコをコーティングしたシュー生地の間に、レアチーズホイップとストロベリーソースをサンドし、仕上げにもストロベリーソースをかけています。アプリコットとはまた異なる定番のいちごのフルーティーさが美味。

【ポン・デ・レアチーズ(151円)】
PABLOを運営するドロキア・オラシイタの嵜本将光社長も大好きだという、ポン・デ・リングの商品。もちもち食感のポン・デ・リング生地の間にレアチーズホイップをサンドし、チーズ風味チョコをコーティング。仕上げにシュガーをふりかけています。もっちもち+ふわっと広がるレアチーズホイップの組み合わせが幸せ。

【レアチーズファッション(151円)】
サクサク食感のオールドファッションに、チーズ風味のチョコをコーテングしている……だけに見えますが! 実はこのチョココーティングの内面に、レアチーズホイップが入っているんです! チョコがパリッと崩れた中からレアチーズホイップが顔を覗かせるサプライズもあるスイーツ。

『チーズタルド』『レアチーズファッション』はベイクドチーズフィリングやしっとりとしたドーナツ生地で濃厚な味わい、『レアチーズシュー』や『ポン・デ・レアチーズ』は、比較的さっぱりとしていました。

今回の『チーズタルド』シリーズ6種は全国のミスタードーナツ店舗(一部ショップ除く)で7月20日から9月中旬まで販売予定となっています。

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy