エアバッグみたいに画面を守るiPhoneケース『ADcase』

access_time create folderデジタル・IT

手帳型ケースや保護フィルムが浸透したせいか、最近あまり見かけなくなった画面割れiPhone。アウトドアスポーツをする人にとっては、手帳型ケースや保護フィルムでは大事なiPhoneがちょっと心配だったりします。そんなアクティブに活動する人達にとって『ADcase』は必須アイテムになるかっもしれません。

ADcase – the coolest way to protect your smartphone (YouTube)
https://youtu.be/vPTFo3CPrqU

ドイツのfrenzel + mayer solutions GbRという会社が、『Kickstarter』でキャンペーンを始めようとしているのが、エアバッグのような衝撃吸収装置内臓のiPhoneケース『ADcase』です。『ADcase』は、耐震や免震にも使われるActive Damping(能動的に振動や揺れを減衰させること)をもじった“Active Damping Case”の省略形。

iPhoneが落下するとセンサーが感知して、自動的に4本の足が飛び出し、iPhone本体への衝撃を吸収します。

『ADcase』の厚さは4.9ミリと薄型で、360度どの方向に落ちてもiPhoneを保護します。何回も繰り返し使用可能で、無線でも有線でも充電可能。装着可能なiPhoneは、X、8/8 Plus、7/7 Plus、6S/6S Plus、6/6 Plus。

普段、iPhoneを無造作にポケット入れてジョギングやウォーキングしたりするので、冗談抜きで『ADcase』は必要と感じた筆者です。これまで何回もiPhoneを落として、ガラス製の保護フィルムとiPhone本体を傷つけています。筆者に限らず、日常的にマウンテンバイクやスケボーをする人にとっても「ありそうでなかった逸品」かもしれません。

『Kickstarter』キャンペーンの目標額をいくらに設定するかわかりませんが、かなりの高確率で目標額は達成しそう……というか、達成して大々的に商品化して欲しいものです。できればダイソーあたりが独占販売権取って、100~200円で売ってくれるといいなぁ。

『ADcase』公式サイト
https://www.ad-case.de

※画像とソース:
https://www.ad-case.de/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧