Jリーグ:「前回より出来もよかった」との本人談…… ガンバ大阪・遠藤保仁『名探偵コナン』再出演にいろいろな意味で心配の声集まる

access_time create folderエンタメ
endo_konan_01

長年サッカー日本代表の中盤の要のボランチを務め、38歳になった現在でもJ1ガンバ大阪の中核として活躍している遠藤保仁選手が、テレビアニメ『名探偵コナン』の2018年7月14日放映の第907話「Jリーグの用心棒」に本人役として出演することがアナウンスされています。

遠藤選手と『コナン』といえば、2012年に公開された映画『名探偵コナン 11人目のストライカー』に今野泰幸選手(G大阪)、中村憲剛選手(川崎F)、楢崎正剛選手(名古屋)とともに本人役で出演しています。自身も「大好き」と語る『コナン』ですが、その演技が「棒読みすぎる」と話題になりました。

今回の再出演にあたって、ファンからは「思い出しただけで笑ってしまう」「コナン映画史上でもトップクラスの黒歴史なのに……」といった声が上がっていたほか、「2回も殺人事件に巻き込まれるサッカー選手ってヤバい」といった反応も。

遠藤選手本人もその評判が届いていたのか、ガンバ公式サイトで「とくに気負ったりはせず、リラックスしてすごく楽しくやれました。前回より出来もよかったと思います」といいつつ、「それでも声優さんとは圧倒的な差があるので、改めて声優さんって本当にすごいなぁと感じました」とコメントしています。

「いろいろな意味で楽しみ」という反応が大勢だった遠藤選手の『コナン』再登場。ですが、ちょっと気になる指摘も。

ヤットさんがコナンの声優をした時は降格したのか。怖いな。

2012年にJ2降格を経験しているガンバ大阪ですが、現在の順位は勝ち点15で16位。ロシアワールドカップがあってJ1は中断期間ですが、果たして『コナン』出演が吉と出るか凶と出るのかも気になるところです。

7/14(土)テレビアニメ「名探偵コナン」に遠藤選手が本人役で声優挑戦!(ガンバ大阪公式サイト)
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/7982/ [リンク]

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1011429758968578051 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧