小西ひろゆき参議院議員 W杯の日本戦に絡め「安倍政治は罪深い」とツイートし話題に

access_time create folder政治・経済・社会
konishi

6月19日、W杯ロシア大会の日本初戦となるコロンビア戦が行われた。試合開始早々に、コロンビアのカルロス・サンチェス選手が香川真司選手のシュートを手で防いでレッドカード。このプレーでPKを獲得し、香川選手が決めて日本が先制した。前半、フリーキックから1点を失い同点となるも、後半大迫勇也選手がコーナーキックからのボールをヘディングで決めて2-1に。そのまま試合は進み日本がコロンビアに勝利、アジア勢としてW杯史上初の南米勢からの白星となった。

そんな中、試合中に「国会のクイズ王」の異名ももつ小西ひろゆき参議院議員(@konishihiroyuki )が『Twitter』にて

W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。

とツイートを行った。
これに対し、批判の返信が殺到。

「お前みたいなやつのことか 」
「もともと嫌いでしたけど、スポーツに全く関係のない政治的思考を重ね合わせる貴殿の考え方、全く理解できません。 益々、大っ嫌いになりました」
「オイオイ!!サッカーに政治を絡めるなよ 哀れな政治家だな…」
「で、大多数の『日本』国民からはお前にレッドカードが出ていると思うのだが?」

といったツイートが寄せられていた次第である。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧