ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wienners、ニューアルバム『TEN』から笑劇的な「TRADITIONAL」のMVを解禁&リリース記念特設ページ公開

Wienners、ニューアルバム『TEN』から笑劇的な「TRADITIONAL」のMVを解禁&リリース記念特設ページ公開

今年バンド結成10周年を迎え、6月13日に新メンバー加入後初となるオリジナルアルバムをリリースしたWienners。

『TEN』と名付けられた今作は、先行配信されているドラマ「噂の女」の主題歌「極楽浄土のあなたへ」を含む全11曲を収録。今回、ニューアルバム「TEN」からリード曲「TRADITIONAL」のミュージックビデオが公開された。

「TRADITIONAL」のMVは、Wiennersの「シャングリラ」のMVを担当した、坂本渉太(映像クリエイター)と7年ぶりにタッグを組んだ超意欲作。予測不能な展開に猛スピードで駆け抜ける、圧倒的に忙しない、おバカなモーショングラフィックがメンバーの熱い演奏シーンと相まって、これまで見たことの無い絶大なインパクトを与える笑撃的なMVに仕上がっている。

アルバム「TEN」の発売に合わせて、バンドのオフィシャルサイトに特設ページを公開。メンバーが愛してやまないアーティストからのコメントや、アルバム「TEN」の制作、バンドの活動に迫ったボリュームたっぷりのライナーノーツやメンバーによる全曲解説など、読み応えたっぷりとなっている。

7月5日の名古屋公演を皮切りに全国ワンマンツアー「TEN TOUR 2018」が開催されることも決定している。さらにリリースに合わせたアコースティック・インストアライブや、10周年を記念した歴代アーティスト写真のパネル展(タワーレコード吉祥寺店)の開催など、リリースに合わせ賑やかなイベントが開催されるので詳しくはバンドのオフィシャルサイトをチェックしよう。(岡)

・Wienners「TEN」特設サイト
http://wienners.net/ten
・Wiennersの「TEN」はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/68527

リリース情報
Wienners「TEN」
2018年6月13日(水)発売
初回限定盤[CD;DVD] 価格:3,000+税 / 品番 NBPC-0055/56
通常盤[CD] 価格:2,400+税 / 品番 NBPC-0057

CD収録[初回・通常共通]
1.TEN
2.DEAR MY OCEAN
3.恋のバングラビート
4.RAISE A RIOT
5.おおるないとじゃっぷせっしょん
6.DANCE HALL CRUSHERS
7.極楽浄土のあなたへ
8.マイノリティ
9.stimulation guerrilla
10.TRADITIONAL
11.愛鳥賛歌

初回限定盤のみ
DVD収録 [BEST NEW RETAKES TOUR 2017 FINAL @渋谷WWW X]
1.W
2.Cult pop suicide
3.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
4.レスキューレンジャー
5.Idol
6.カンフーモンキー
7.Blitzkrieg POP
8.Justice4
9.龍宮城
10.ASTRO BOY
11.Hello, Goodbye
12.蒼天ディライト
13.LOVE ME TENDER
14.姫君バンケット
15.TRY MY LUCK

ライヴ情報
Wienners presents TEN TOUR 2018
7月5日(木) 愛知県 名古屋UPSET
7月6日(金) 大阪府 梅田Shangri-La
7月8日(日) 福岡県 福岡Queblick
7月13日(金) 宮城県 仙台enn 2nd
7月15日(日) 北海道 札幌COLONY
7月26日(木) 東京都 恵比寿LIQUIDROOM

Wienners「TRADITIONAL」Music Video

https://youtu.be/jpg9UDL_7m4
Wienners、ニューアルバム『TEN』から笑劇的な「TRADITIONAL」のMVを解禁&リリース記念特設ページ公開

Wienners、ニューアルバム『TEN』から笑劇的な「TRADITIONAL」のMVを解禁&リリース記念特設ページ公開
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。