ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キッズ・シー・ゴースツ』 カニエ・ウェスト&キッド・カディ(Album Review)

『キッズ・シー・ゴースツ』 カニエ・ウェスト&キッド・カディ(Album Review)

 2018年6月1日に、およそ2年振りとなる新作『Ye』をリリースしたばかりのカニエ・ウェストが、予告していた通り、1週間後の8日にキッド・カディとのコラボ・アルバム『Kids See Ghosts(キッズ・シー・ゴースツ)』をリリースした。このタイトルは、カニエとキッド・カディの“ユニット名”でもあるとのこと。

 両者は昨年夏に来日し、現代美術家・映画監督=村上隆のスタジオを訪れたそうだが、それが本作のジャケット・デザインを依頼するためだったことが、発売直前に明かされた。 村上氏は、2007年にリリースしたカニエの3rdアルバム『Graduation』のカバー・アートも担当しているが、ポップなあの作品とはまた違う、日本画をモチーフにした「和テイスト」のすばらしいデザインに仕上がっている。

 アートだけでもアルバムへの期待が高まる本作。『Ye』と同じ米ワイオミング州のジャクソンホールで制作され、プロモーションも同様に、リスニング・パーティーを開き、その様子をストリーミングアプリ<WAV>で公開した。

 プシャ・T をフィーチャーした「Feel the Love」は、カニエとキッド・カディ、そしてマイク・ディーンによる共作。プロデュースは彼らに加え、キッド・カディの大ヒット曲「Day ‘n’ Nite」(2008年)他、ジェネイ・アイコやトラヴィス・スコットなどを手掛けるドット・ダ・ジーニアスが担当している。「ダ・ダ・ダ……」と銃を連射するような音をボーカルで表現した、キッド・カディのパートは圧巻の迫力。

 2曲目の「Fire」は、カニエとキッド・カディが制作し、アウトキャストのアンドレ3000がプロデュースしたナンバー。1966年に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”3位をマークした、ナポレオン・ザイブの「They’re Coming to Take Me Away」がサンプリングされていて、レトロな雰囲気がアンドレらしい。ジャズ・ミュージシャンの故ルイ・プリマによる「What Will Santa Claus Say」からはじまる「4th Dimension」も、懐古的な感じがいい。カニエとマイク・ディーンの共作だけに、本作の中でも最も“カニエっぽい”一曲。

 カニエの他、リアーナやエド・シーランなど人気ミュージシャンを幅広く手掛けるジェフ・バスカーと、タイ・ダラー・サインも制作に参加した「Freeee (Ghost Town, Pt. 2)」は、サイケデリック的要素含む、ヒップホップの枠を飛び越えたナンバー。それもそのはず、この曲にはUKのファンク・クリエイターのMr. Chopによる「Stark」が、まんま使用されている。同様に、ニルヴァーナのボーカリスト、故カート・コバーンの「Burn The Rain」をサンプリングした「Cudi Montage」も、ジャンルをクロスオーバーした傑作。

 カニエの5thアルバム『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー』 (2011年) ~6thア『イーザス』(2013年)にも参加したアンドリュー・ドーソンと、「Famous」(2016年)を手掛けたプレイン・パットによるプロデュース曲「Kids See Ghosts」では、コーラスをモス・デフが担当。サンプリング・ソースやゲストのクレジットはないが、5曲目の「Reborn」もラップとボーカルがバランス良く配置された良い曲。 全7曲、トータル「23:53」という短さも、この充実度なら納得できる。

 カニエは、プロデュース作品含む計5枚のアルバムを、5週連続でリリースすると公言していて、本作の前には、アートワークも大きな話題となったプシャ・Tの『Daytona』(5月25日)、自身の8thアルバム『Ye』(6月1日)が発売されている。今後は、6月15日にナズ、6月23日にはカニエ率いる<G.O.O.D. Music>所属のティヤーナ・テイラーの新作がリリースされる。

Text:本家一成

◎リリース情報
『キッズ・シー・ゴースツ』
カニエ・ウェスト&キッド・カディ
2018/6/8 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】カニエ・ウェストが8作目のNo.1、ゴーストが自己最高の初動で3位に
カニエ・ウェスト、“#ProjectWyoming”をNYやシカゴで開催 村上隆によるキッド・カディとのコラボALのアートワークも公開
カニエ・ウェスト、タイ・ダラー・サインとのジョイントALに前向き発言「タイは生きている中で最強のアーティストの一人」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。