ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Tomo Jidai and SARAI MARI

flowers
hair : Tomo Jidai

Peach Bum
photography : SARAI MARI

22歳で渡英し、「i-D」「Dazed & Confused」などロンドンを代表するファッションマガジンを総ざらい、現在はNYに拠点を移し「Interview Magazine」や「Vogue」で活躍し、そこで繋がったFabien Baron、Karl Templerなどの超一流のトップクリエイターたちとValentino、Tommy Hilfiger、Sacaiなどのハイブランドの広告を数多く手がけるヘアスタイリストTomo Jidai。NYでの2年のフォトジャーナリスト経験を経て帰国後、東京で引っ張りだこのフォトグラファーとなるもロンドン、そしてNYへ移り住み、「Interview Magazine」でレギュラーメンバーに入り、『Speak Easy』などの作品集をイタリアの老舗出版社DAMIANIから出版し、三冊目の写真集はFabien Baron自らがアートディレクターとしてコラボレーションするなど確実にキャリアを築いているSARAI MARI。世界中のクリエイターが集結するNYでもトップクラスの活躍で知られる二人に、仕事への向き合い方を聞いた。

——Tomoさんは早くから海外でヘアスタイリストとして成功されているイメージですが、何歳ごろからロンドンでお仕事をされていたんでしょうか。

Tomo「22歳からですね。当時Vidal Sassoonを卒業してソーホーのサロンで働いていて、たまたまNicola Formichettiの働いていた店の近くで、共通の友人を介して知り合ったんです。彼が『Dazed & Confused』で撮影するときに声をかけてくれてくれたのが全ての始まり。彼のクリエイションに関する無茶振りに応え続けてきたのが功を奏していまに至るという感じです。ロンドンに住んで10年以上くらい経った時に、MARIちゃんと出会って恋に落ちて」

MARI「(笑)。私は20歳の時からカリフォルニア州のサンタモニカ・カレッジで3年写真の勉強をして、そのあとNYで2年フォトジャーナリズムを経験して、日本に帰り、ファッション・フォトグラファーとして活躍している時に一時帰国中のTomoくんと仕事で会って、2005年にロンドンに行きました。日本では初めの2〜3年は全然仕事が増えなくて、奈良の父に『帰りたい』と泣き言を言ってたくらいで。でも帰ってきちゃ駄目と言われて、もうやるしかないと思い、周りのクリエイターの友達にエージェントを探しなよと助言され、angle(http://www.angle-management.com)に所属しました。素晴らしい仕事仲間に会えて、そこから忙しくなりました」

calvin-klein-underwear-s12-m_ph_kleinsteven_sp02
hair : Tomo Jidai

——ロンドンからNYに拠点を変えたのは、アメリカのお仕事が増えたから?

Tomo「そもそもは2011年にCALVIN KLEINのアンダーウェアのワールドキャンペーンにSteven Kleinが僕を押してくれたのがことの始まりで、その時のクリエイティヴ・ディレクターがFabien Baronで、スタイリストがKarl Templer!! もう僕のヒーローたちですよ。その時やったヘアを気に入ってくれて、そこから少しずつNYに呼んでくれるようになり、2013年からは毎月3回は行くようになり、完全に移住しないと精神的にも体力的にも限界に来ていて、MARIちゃんと相談して決めました。海外で22年間やっていますが、ロンドン期とNY期とはやっぱり違いますね。NYでやるようになって5、6年で、それくらいから仕事に対するアプローチが変わってきました。超一流の大御所の方達と仕事をして、物事の突き詰め方が全く違うことがわかったんです。俺は今まで何やってたんだ、というくらいの違いを見せつけられました。
先ほども話した2011年にCALVIN KLEINのヘアスタイリングをやらせていただいたとき。その時期は、ロンドンでも若手がたくさん出てきて、自分も中堅になって少し立ち位置を見失いそうになっていたんです。いつもチームを組んでいたNicolaもロンドンからNYに移ってしまったし。そんなとき、Steven KleinがCALVIN KLEINに僕を推してくれたんですが、Fabienとクライアントが僕のポートフォリオを見て即決してくれたらしいです。もう人生最大の緊張感、そして僕のことなんて誰も知らないというアウェー感、俺の味方はStevenしかいない現場で、彼が現場に来ていない。さらにブランドからはヘアに関して何のリファレンスもない。とりあえず軽くブリーフィングがあり、その後即自分の意見を聞かせろとくるわけです。FabienとKarlに挟まれながら、0.5秒で頭をフル回転させて、50年代のオリンピックのクラシカルなアスリートの感じはどうですかと言ったら、見せてみろ、そして30分で作れと言われて。僕のことは全く知らないけれど、彼らのアイデアをただやらされる技術者ではなく『ヘアの責任者』として意見を聞き、それを実現する機会を与えてくれたわけです。お互いがプロとして仕事をしている現場であれば、言ったことは完璧にやらなきゃいけない。例え5分でも遅れたらとんでもない目にあうけれど、本当に良いものは良いと言う、そういう環境で仕事をすることで気づくことや自覚することがとてもたくさんありました。厳しいけれど実力を発揮できれば評価される、そういう世界に身を置かせてもらっているのは本当にありがたいですね」

MARI「海外では率直に言ってくれるし、意見の交換がスマートで的確。曖昧に仕事を終わらせる感じはまずない。自分の言葉に自信があり、妥協を一切許さない姿勢には、私も随分と鍛えられました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。