ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野原しんのすけの声が変わる……! アニメ『クレヨンしんちゃん』声優・矢島晶子さんの降板に驚きの声

crayon_official

現在放送中のアニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系列)で、野原しんのすけ役を務める声優の矢島晶子さんが、番組を降板することが分かりました。6月29日(金)の放送が最後の出演となります。

1992年4月13日の放送開始から四半世紀以上にわたってしんのすけの声を担当していた矢島さんですが、「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」と、降板の理由を説明しています。

ネット上では、「矢島さんじゃないしんのすけ?! か、考えたことなかった」「しんのすけの声が変わるのポケモンのサトシ並に想像できない」「しんのすけの声が違う人ってのが想像つかん…(ドラえもんの時と同じ)」などと、長年その声とセットで親しんできたキャラクターだけに驚きを隠せない人が多い模様。

「笑いと感動をありがとう」「いままでありがとうございました。子供時代から隣にあったアニメキャラでした」「本当に長い間しんのすけと共に楽しい時間をありがとうございました」といった感謝とねぎらいのコメントも殺到しています。

なお、7月よりしんのすけ役を務める声優は現在調整中で、決まり次第アナウンスされる予定です。

<矢島晶子さんコメント全文>
27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。