ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サムスン、北米2カ所目のAI研究センターをカナダ・トロントに開所

今さまざまな分野で人工知能(AI)の活用が進んでいるが、サムスンはその技術開発をさらに進める研究センターをカナダ最大の都市トロントにこのほど開所した。

スマート家電から自動運転車に至るまで、幅広い分野でのAI活用の研究を行う。

・言語理解にフォーカス

AI研究センターは北米では米国カルフォルニア州のマウンテンビューに設置されていて、今回2カ所目となる。

トロントのセンターでは、特に言語理解とコンピュータービジョンにフォーカスしたAIの研究に力を入れる。この2つは、スマホやテレビ、車といったものを使用するときのスムーズな操作性に貢献するからだ。

・イノベーションの土壌

サムスンはプレスリリースの中で「トロントは、世界に先駆けて機械学習が幅広く使用されるようになるなど、歴史的にイノベーションの土壌がある」などとコメント。また。高度な知識を持った人材が豊富なのもセンター開所の決め手となったようだ。

センターの所長には、トロント大学のSven Dickinson教授を迎えた。Dickinson教授はコンピュータービジョン、中でも物体認識の専門家だ。

・ロンドンとモスクワにも

一方、サムスンは英国ケンブリッジとロシア・モスクワにも研究センターを新たに設置し、グローバルでAI研究を加速させる。

当然のことながら、同業他社もAIに取り組んでいて、AIの力でスマートデバイスや車をいかに使い勝手の良いものにするか、開発競争は今後さらに激しさを増すことが予想される。

Samsung

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy