体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

組織の中で、自分の「タイプ」をどう活かす?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<後編>

組織の中で、自分の「タイプ」をどう活かす?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<後編>

前編では、職場で「この人とはやりづらい」と感じる理由に、「視点の持ち方」「思考のパターン」「行動の重点」の違いがあることをお伝えしました。

相性が良くないタイプとの摩擦や衝突を避け、うまく協働するために、秋山氏は、まず自分のタイプと相手のタイプを知り、その上で建設的な会話方法を実践することを勧めています。 タイプ診断テスト(タイプを知るための30の質問)については別記事にて掲載をしております。ぜひ試してみてください。


プロフィール

秋山進(あきやま・すすむ)<写真左>

プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役。リクルートに入社後、事業企画に携わる。独立し、経営・組織コンサルタントとして企業の事業構造改革等に従事。現在はグループ代表として、経営リスク診断、組織設計、幹部人材育成等に携わる。著書:「社長が将来役員にしたい人」(日本能率マネジメントセンター)、「一体感が会社を潰す」(PHP新書)、「社長!それは「法律」問題です」(共著:日本経済新聞社)など。

藤井 薫(ふじい・かおる)<写真右>

「リクナビNEXT」編集長。1988年にリクルート入社後、人材事業の企画とメディアプロデュースに従事し、TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長などを歴任する。2007年からリクルート経営コンピタンス研究所に携わり、14年からリクルートワークス研究所Works兼務。2016年4月、リクナビNEXT編集長就任。リクルート経営コンピタンス研究所兼務。

秋山氏(以下秋山) ミクロ視点×マクロ視点、直感意味的思考×事実論理的思考、WHAT重点×HOW重点。タイプの違う2人が対峙するとき、ちょっとした声がけによって相手と目線を合わせることができるようになります。例を挙げてみましょう。

ミクロからマクロへの視点の切り替えを促すには…

「○○さんの、小さな変化を見逃さない観察力はさすがです。同じ方法で業界全体の構図を考えてみると、どうなると思われますか?

マクロからミクロへの視点の切り替えを促すには…

「○○さんの広い視野からの知見を、今起きているこの事態の改善に活かすとすれば、どういう方向性が考えられるでしょうか?」

直感意味から事実論理への切り替えを促すには…

「まさに○○さんならではのユニークで洞察力のある見解です。データはまだ十分にありませんが、まずはできる範囲で検証し、だんだん精度を上げていきませんか?」

事実論理から直感意味への視点の切り替えを促すには…

「科学的に確かと言える範囲はそこまでなのですね。では、ここからは将来検証を行うことを前提とした仮説づくりのため、今後、起こりうる事態を自由に想像してみませんか?」

WHATからHOWへの視点の切り替えを促すには…

「おっしゃるとおり、『我々がどうあるべきか』を決めることこそがもっとも重要な課題ですね。では、目先のこの問題を具体的にさっさと解決してしまった後に、本来の議論をしっかりやりませんか」

HOWからWHATへの視点の切り替えを促すには…

「実務的に考えるとすれば、○○みたいなことはどうすれば可能でしょうか。さらに、もし今考えていらっしゃるような制約条件がないとすれば、何をするのが理想だと思われますか?」

秋山 こうした言葉を丁寧に投げかけると、相手は喜んで対応してくれるものなんです。相手のタイプとクセを理解して、相手が得意とすることの重要性を認めた上で、今やるべきことに誘導すべく虚心坦懐に話をする。

藤井 右利きと左利きの人が正面に立って握手しようとしてもできない。でも、横に並んで立つと握手できる。特質はそのまま活かしつつ、立ち位置を変えればいいということですよね。自分の特質を変えて相手に合わせようとしたり、相手を変えようとしたりするのではなく、立ち位置を変える、と。秋山さんは確かサッカーがお好きだと思いますが、チームメイトとしては相手の利き足に向けてパスを出すべきですね。

秋山 何かと「エビデンス(根拠)は…」という人がいたとして、自分はそれが苦手だとする。そういう人に対して適当に「こんなことを検証したいのでよろしく」と投げると反抗的になってしまいます。「何も知らない奴に説き伏せられるか」と。そんなときは、「こんなこと考えたんですが、まだ何もエビデンスはないんです。間違っているかもしれないけど、一緒に検証してもらえませんか」と持っていけば、「自分がわかっていないことは、よくわかっているんだな」と思われ、仲間になれる。たったこれだけのことで、強力な補完関係が築けるのです。敵と思ったら大損ですよ。

藤井 自分とは異質な意思決定をする人にも、大事にしているものがある。そこに気付くだけでなく、近づこうと努力するのは大切ですよね。ちゃんと勉強していけば、「そこまで勉強してきてるんだったら教えてあげよう、協力してあげよう」となるでしょうね。「僕の利き足を分かっていて、そこにパスを出してくるのならシュートしちゃおうか」と。

秋山 すごく面白いですよ。この人は、この事象をこんなふうに認識して、こう組み立てているのか…と観察するのは。モデルが増えていって、「この人はこのタイプかな」と思いながら「こうですか」と質問すると、違っていたりして、また新たなモデルが発見できる。そういう感じで会話できたほうが、人生楽しいですよ。

今の役割は、自分のタイプにフィットしているか

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。