体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「とりあえず社会人」から不動産業界へキャリアチェンジ ~中村マリアさんから学ぶ、「強みを生かした仕事」の切り開き方~

「とりあえず社会人」から不動産業界へキャリアチェンジ ~中村マリアさんから学ぶ、「強みを生かした仕事」の切り開き方~

ふとしたきっかけで不動産業界に興味を抱き、女性ならではの視点を武器に不動産業を展開することで話題となっている中村マリアさん。

「不動産業は人なり、美しく働く」をポリシーとした、全国の女性不動産経営者が参加するコミュニティ「美人エステート」を立ち上げ、女性が不動産業を一生ものにできる働き方「エージェント」を提唱。展開する事業のみならず、その働き方にも注目が集まっています。中村さんの仕事遍歴をたどりながら、女性が不動産業を生業にできる方法をうかがいます。


プロフィール

中村マリア

Tender Living株式会社 代表取締役/amie株式会社 代表取締役/一般社団法人 RE AGENT 理事/株式会社クリエイターボックス取締役。

東京都出身。短大を卒業後、大手メーカーの受付業務を経て、不動産業界へ転職。デザイナーズマンションのデベロッパー、大手財閥系不動産販売会社、エンドユーザー向け地場の不動産会社でキャリアを積み、2011年7月に不動産会社であるTender Living株式会社を設立。全国の女性不動産経営者のコミュニティ、bijin estate(美人エステート)を発起し、ライフスタイルの変化が起こりやすい女性でも不動産業をずっと続けられる働き方である“エージェント”を推奨。当団体を2014年12月に法人化(一般社団法人RE AGENT)し、現在代表理事を務める。世田谷区に本店を置き、都内を中心として地元に根付いた不動産業の傍ら、セミナー講師をこなしつつ、テレビにも多数出演。

起業家としては“遅咲き”ながらも行動力を発揮し、不動産業界でまい進!

―職歴を拝見すると、しっかりとしたキャリアビジョンを持ってお仕事をされてきたように感じられますが、もともとキャリア志向でいらしたのでしょうか?

全然そんなことはないです(笑)。「稼ぎたい」「こういう仕事に就きたい」という意欲は特になく、「短大を卒業したから、とりあえず社会人にならなきゃ」ということで、ご縁のあった大手タイヤメーカー総務部受付の正社員として就職しました。起業までしている今から振り返ると、「遅咲き」ですね、私(笑)。

―それは意外です。でも「とりあえず社会人に」というケースは多いかもしれないですね。実際に社会人になってみて、いかがでしたか?

受付の仕事自体は、プロフェッショナルを極める楽しさがありました。会社の顔として、800名を超す社員ほとんどの名前や部署、さらにはその客先まで覚えていましたし。ただ、狭いところに女性しかいない閉鎖的な環境の中、職場の雰囲気があまり良いとは言えず、出勤前にお腹が痛くなる毎日でした。

また、部署の先輩を見ていると社内結婚して寿退社が王道、そうならない場合は28~29歳で転職しているのです。それで「自分はこの職場でずっと働けるのか? 28~29歳までに手に職をつけなければ」と思うようになりました。ほかにも、「同じ働くなら会社のコア事業、メイン事業の仕事をしたいな」という思いもありました。

―早い時期から転職を意識されていたのですね。不動産業への転職は、もともと興味があったからでしょうか?

不動産業を意識したきっかけは、持ちビルで飲食業を営んでいた父が店をたたむことになり、そのビルをテナントとして貸し出したことです。不動産屋さんがお客さんを連れてきて、高額な賃貸契約をする様子を間近で見ているうちに、「不動産業って面白いかも!」と思うようになりました。社会人3年目のことです。

それで会社帰りに宅地建物取引士(宅建)のスクールに通い始めましたが、かなり難しく、「いっそ現場で働いてしまったほうが、早く習得できるのではないか」と思い、取得する前に転職しちゃいました。2006年8月に転職したのですがちょうど不動産業が盛んな時期だったので、未経験・資格なしでも正社員としてデザイナーズマンションのデベロッパーの仕事に就くことができました。実際に働いてみると宅建の必要性が肌で感じられて勉強にも熱が入り、無事取得できました(笑)。

―勉強しやすい環境に自らを置いたのですね。念願の不動産業、すぐに手ごたえを感じましたか?

1社目のデベロッパーの会社は、グループ会社合わせて従業員が30名弱で、業界に慣れすぎた人材を避けるため、会社方針として未経験者を積極的に採用していました。だから同僚みんなが不慣れだったのですが、業界の景気が良かった時期ですから、会社帰りに遊ぶ暇もないくらい忙しくも充実した日々を送っていました。

ところが、リーマンショックが起こり負のスパイラルに陥りました。土地が仕入れられない、銀行が貸付を渋り建物を建てられない、外資系企業が借り上げ社宅として使っていたマンションが解約されるなどで会社の業績も悪化、結局3年で退職しました。

―リーマンショックの影響はそれほど大きかったのですね。次に、大手不動産販売会社へ転職されていますが、会社の規模が違うと仕事への変化はありましたか?

2社目の大手不動産販売会社は知り合いから紹介されました。さすが大手でリーマンショックの影響はほとんどなく、会社規模による違いを痛感しました。ただ、職種が営業事務で、仕事内容に物足らなさを感じて…。「私は営業のアシスタントよりも、物件を売りたい人、買いたい人との間に入って、互いがベストな条件になるように交渉折衝する仕事のほうが好きだ」と改めて気付きました。

そこで、ちょうど結婚が決まったのと同時に退職し、不動産販売会社の路面店舗の営業に転職しました。営業最前線に戻れて「さあ、これから」という時に、夫の名古屋への転勤が決まったのです。

「男性社会&近寄りがたい」イメージの不動産業界に新風を起こす!

地元世田谷に根差した活動を広げるため、2018年4月に出店した自由が丘店舗前にて

―後の起業は、その名古屋への転勤がきっかけだったのでしょうか?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。