ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場にいる「やりづらい人」とどう付き合えばいいのか?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<前編>

職場にいる「やりづらい人」とどう付き合えばいいのか?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<前編>

職場の上司や同僚に「どうもやりづらい」「噛み合わない」人がいる――そう感じている人は多いことでしょう。「実はそのやりづらさは、理論的に説明が付く」と語るのは、『職場の「やりづらい人」を動かす技術』の著者であるプリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役・秋山 進氏。

やりづらいと感じるのはなぜか、どうすればうまく協業していけるのかについて、秋山氏と藤井薫「リクナビNEXT」編集長に語ってもらいました。

プロフィール

秋山進(あきやま・すすむ)<写真左>

プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役。リクルートに入社後、事業企画に携わる。独立し、経営・組織コンサルタントとして企業の事業構造改革等に従事。現在はグループ代表として、経営リスク診断、組織設計、幹部人材育成等に携わる。著書:「社長が将来役員にしたい人」(日本能率マネジメントセンター)、「一体感が会社を潰す」(PHP新書)、「社長!それは「法律」問題です」(共著:日本経済新聞社)など。

藤井 薫(ふじい・かおる)<写真右>

「リクナビNEXT」編集長。1988年にリクルート入社後、人材事業の企画とメディアプロデュースに従事し、TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長などを歴任する。2007年からリクルート経営コンピタンス研究所に携わり、14年からリクルートワークス研究所Works兼務。2016年4月、リクナビNEXT編集長就任。リクルート経営コンピタンス研究所兼務。

「視点」「思考」「行動」によって、人は8つのタイプに分けられる

―まずは、職場にいる「やりづらい人」とはどんな人か。秋山氏が例示する人物タイプに、藤井編集長が命名しました。

閉店ガラガラ狭門家

「その仕事、私の担当じゃないんで」「それ私の専門外なんで」と言って、自分の担当や専門分野から一歩も外に出ない人

ロジカル・オンリーロンリー

「ソースは?」「エビデンスは?」とファクトやロジックしか受け付けない人

コンビニエンス・プロフェッショナル

「私は何をすればいいんでしょうか?言ってくれれば進めますよ」という人

他にも、「世界や他社に比べてうちの会社は遅れている!」と嘆くばかりの人、非現実的な夢や理想論ばかり語る人、意思決定はするものの現場での遂行に一切関与しない人……など、それぞれに「絡みづらい」と感じる人がいると思います。なぜ、違和感を覚えてしまうのでしょうか。

秋山氏(以下、秋山) 「やりづらい」と感じるのは、そもそも自分と「タイプ」が合っていないから。ビジネスパーソンは「視点の持ち方」「思考のパターン」「行動の重点」という観点でタイプ分類することができます

さらに、この3つの軸×2タイプをもとに、8種類のタイプに分けることができます。 タイプ診断テスト(タイプを知るための30の質問)については別記事にて掲載をしております。ぜひ試してみてください。

1.想像力ゆたかな小説家(ミクロ×直観意味×WHAT

自分なりの視点で物事を見つめ、あれこれ考え、オリジナルでユニークな結論を出すことを好む人。直感にすぐれたアイデアマンだが、視野の狭い独りよがりな人と思われがち。

2.創意工夫の技能者(ミクロ×直観意味×HOW

自分なりに工夫を凝らしたユニークなアプローチで、目標達成や課題解決に臨むことを好む人。結果にこだわる独創的な仕事人。興味のないことには頑張れない人とも思われている。

3.現実を見抜く観察者(ミクロ×事実論理×WHAT

自分の見聞きしたことをデータと照らし合わせてみて、単なる体験以上の普遍的な原理原則を発見したいと思う人。仮説検証のプロだが、目に見えないものは見落としがち。

4.頼りになる実務家(ミクロ×事実論理×HOW

自分の体験とデータをもとに見つけた法則を活かしながら、目標や課題に向かって絶えず行動する人。PDCAの権化のようなタイプ。チャレンジ精神の低い人と思われることも。

5.時代を感じる評論家(マクロ×直観意味×WHAT

自分なりの見方で世界を眺め、それをもって「大きな話」をすることを好む人。物知りなご意見番だが、批判することばかりに長けた「口だけの人」と思われがち。

6.未来を創る革新者(マクロ×直観意味×HOW

広くユニークな視点で世界を眺め、イノベーションの芽を探し出そうとする人。新規事業などについて超高感度のセンサーを持つ。浮世離れした人と思われることも。

7.正しさを求めるコンサルタント(マクロ×事実論理×WHAT

データやロジックをもとに「そもそも論」や「あるべき論」を語る人。すぐにホワイトボードに図やグラフを描いて説明する。現場感覚の薄い、使えない意見を言う人という印象も与える。

8.実現を目指す政治家(マクロ×事実論理×HOW

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy