ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPadのSmart Coverにノーティフィケーション通知機能? Appleが特許を出願

スクラッチを防ぎ、なおかつスタンドとしても使えるiPadのアクセサリSmart Cover。iPadユーザーの中には活用している人も多いだろう。

何かと便利なこのカバー、さらに使い勝手がよくなるかもしれない。Appleはこのほど、ノーティフィケーションなどを表示できるSmart Cover の特許を出願した。

・2つのバージョン

特許申請書類によると、カバーは現在販売されているものと似たフォームで、背面側に折りたたんでスタンドとして使えるのも従来と同じだ。

しかし決定的に異なるのが、カバーをしたままノーティフィケーションなどを確認できる機能。どうやら2つのバージョンが検討されているようだ。

1つは、カバーの一部分が透明になっていて、iPadのディフプレイの一部が見えるというもの。その部分にノーティフィケーションを表示することで、カバーを開けなくてもチェックできるようになる。もう1つが、透明部分と、LEDディスプレイの2つを備えたバージョンだ。

・メール着信を確認できる

どちらのバージョンも、カバーをあけることなく、メールやメッセージの着信の有無を確認できるというコンセプトで、実現すれば確かにかなり使えそう。

もっとも、特許を出願したからといって商品化される保証はない。しかしこのプラスアルファの機能をもたせたSmart Cover開発に伴ういくつかの特許は2012年にさかのぼり、Appleがそれなりに真剣に取り組んでいることをうかがわせる。

商品化をのぞむ声が世界中のiPadユーザーから聞こえてきそうだ。

United States Patent and Trademark Office

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。