体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新旧比較】カップ焼きそば特有の”ふた裏キャべツの呪い”をキャンセルすべく生まれ変わった(!?)『日清焼そばU.F.O.』の本当のところ!

内田裕也と鳥人(?)の奇怪な共演CMでおなじみの『日清焼そばU.F.O.』。今回は何とも不思議なフタのみリニューアルだという。近年問題になっているフードロス問題に一石を投じるために開発した、いわゆる”ふた裏にキャベツがくっついて残りがち”というカップ焼きそばあるある退治にひと役買うらしいが…。

リニューアルというほどのものではないが、フードロス問題を考えるきっかけになるかもしれない新ふたデザインと「キャベバンバン」

どう計算したのか今ひとつ不明だが、いわゆるカップ焼きそば特有の、湯切り時にふたにキャベツなどのかやくがくっついてしまう”ふた裏キャペツの呪い”で、ふたにくっついたまま捨てられてしまうキャベツが、『日清焼そばU.F.O.』だけで年間約4.17トンあるんだそう。

昨今はまだ食べられるのに捨てられてしまうフードロス(食品廃棄)がエコでないと問題になっている。そこでまず日清食品『日清焼そばU.F.O.』(128gうち麺100g・希望小売価格 税抜180円・発売中)はふたをリニューアルした。

フィルムパッケージの上からではわからないリニューアル


もちろん中身も同じ

リニューアル前

とはいえ、ふたのデザインだけのリニューアル。湯切り時に下半分となりキャベツが貼り付きがちな地点を8箇所、順に叩けという指示が書いてあるだけ。

リニューアル後

拍子抜けするが、実際にやってみると、確かに落ちる。無駄がない。ただリニューアル以前のものでも、同じようにすればもちろん落ちる。ということは他メーカーのものでも…。

何はともあれ、発想の勝利だし、記者も本体を傾けてかやくを麺の脇に滑り込ませてつきにくくするということはやっていたが、ふたを叩くのは思いつかなかった。

 

では実際に新旧で比べてみよう。

リニューアル前のもので作ると、このように確かにキャベツは少し残ってしまう

 

ではリニューアル品ではどうか。

内容物も変更なし

 

湯切り口も同じ


指定の場所をトントンしていく

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。