ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京ミッドタウンに「ルーヴル美術館展」コラボメニュー登場


六本木の東京ミッドタウンに、5月30日(水)~9月3日(月)の期間、国立新美術館の「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか」の開催を記念した限定メニューがお目見えする。

今回の「ルーヴル美術館展」は、16世紀ヴェネツィア派の巨匠ヴェロネーゼによる『美しきナーニ』が27年ぶりに来日する他、古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画の、ルーヴル美術館全8部門が総力をあげた企画展となっている。

その開催を記念して、東京ミッドタウン内の「ジャン=ポール・エヴァン」や「メゾンカイザー」、「とらや」、「トシ ヨロイヅカ」などに企画展限定メニューが登場する。そのいくつかを紹介しよう。


こちらは、「Toshi Yoroizuka(トシ ヨロイヅカ)の「パリブレスト ア ラ トシ」1350円(税込)。エッフェル塔がアクセントの一品だ。


こちらは、「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」で販売されるケーキ「オペラ」702円(税込)。ヴェロネーゼの傑作、通称『美しきナーニ』のチョコレートプレートが乗ったスイーツだ。


こちらは、「とらや」の「エッフェル塔の夕暮れ」1本1944円(税込)。とらやパリ店オープン30周年を記念して作られた限定商品“エッフェル塔の夕暮れ”を期間限定で再販売する。美しいパリの夕暮れを橙の琥珀羹と黒の煉羊羹で表現した、情緒を誘う美しい羊羹だ。

東京ミッドタウンといえば、オープン間もない日比谷も話題だが、こちらも負けず劣らず大人が楽しめる施設になっている。この機会に、色彩豊かなメニューの数々を楽しんでみてはいかがだろうか。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。