体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドゥミがデザインした激レア・プロモ盤を20枚以上所有していた著者が語る、映画本大賞2017第四位の書籍『ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン シネマ・アンシャンテ』のこと 後編

山田宏一さんと濱田高志さんの共著になる書籍『ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン シネマ・アンシャンテ』(立東舎 刊)が、キネマ旬報映画本大賞2017で第四位に選出された。本書は、映画評論家の山田さんがジャック・ドゥミのことを掘り下げ、アンソロジストの濱田さんがミシェル・ルグランのことを掘り下げるという、「ドゥミ+ルグラン」コンビを踏襲したかのような共同作業により成り立っているのがまずは大きな特徴だ。また、ふんだんに使用されている映画スチルに加え、ポスターやレコード、雑誌などの濱田コレクションが大量に掲載されているので、見ているだけでも楽しくなるビジュアルブックでもある。前回に引き続き濱田さんに、本書制作時の話や、昨今のミュージカル事情などについて聞いてみた。

<インタビュー前編 公開中>https://getnews.jp/archives/2044372 [リンク]

デザインの違いも楽しい『シェルブールの雨傘』の各国版ポスター

気付いたら膨大な数になっていたコレクション

ーーー『シネマ・アンシャンテ』では濱田さん所有の大量のポスターやレコード、雑誌などがこれでもかと掲載されています。こういった品々は、どのようにして集めたのでしょうか?

濱田 学生時代からこつこつ集めたもので、気付いたら膨大な数になっていました。関西出身なので、大阪や京都の古書店や中古盤店で集めたものがベースになっていて、上京してからは、年長の知り合いがコレクションを処分するから、あるいはダブっているものがあるからということで、譲っていただいたり。ここ20年はパリに行った際に、蚤の市やシネ・ショップで探しています。なかにはミシェル(・ルグラン)やアニエス(・ヴァルダ)からもらったものもありますね。各国版を集めているので、正直全貌がわからなくて、『シェルブール』なんて何度もリバイバルされているので、その都度、ポスターやチラシが異なるため、きりがないんですよ。全貌がわからないから、いまだに新発見があります。
 ジャック・ドゥミ映画のアイテムに関しては、ミシェルがほとんどの音楽を手がけているので、おのずとミシェル関連の資料の範疇に入ってくるんです。『シネマ・アンシャンテ』では、彼らコンビの作品資料として掲載し、一方の『ミシェル・ルグラン クロニクル』では、ミシェル関連の資料としてドゥミ映画の資料も多数掲載しています。ダブりもあれば、そうでないものも。ですから、それぞれで補完し合うよう振り分けて掲載しました。
 『ミシェル・ルグラン クロニクル』はミシェルのオリジナル・アルバムを全作掲載したほか、主な提供曲や参加曲なども紹介しました。元になった拙著『ミシェル・ルグラン 風のささやき』を大幅に増補した格好で、ジャケットを全点カラー掲載できたのは嬉しかったですね。なお、紙幅の関係で掲載できなかった全楽曲リストは、さすがにマニアックなので、いずれ私家版で制作しようと思っています。未発表曲を含めデータはすべて揃っているので、なんとか本の形にしたいですね。

ーーーコレクションの中で、特に注目の逸品がありましたら教えてください。

濱田 ポスターは各国の特色が表れますから、面白いですよね。大判なので、スペースの問題もあり、自宅に飾れる数に限界がありますから、こうやって誌面で一望できるのは僕自身嬉しいです。
 注目の逸品としては、やはり各種プロモ盤でしょうか。『シェルブール』だったら、片面のみに音源が収録された10吋盤(25CM盤LP)、『ロシュフォール』だったら、開くと花のような形になるジャケットに収まったフォノシートとか。これは一時期20枚くらい持っていたんですが、ミシェルをはじめ、作品の関係者が持っていない、譲って欲しいというので進呈して、今は手元に数枚しか残っていません。最初に見つけたのは90年代半ばで、それこそクリニャンクールの蚤の市で見つけたんです。確か日本円にして4、5千円だったと思います。友人でミシェルの自伝の共同執筆者でもあるステファン・ルルージュと一緒の時で、彼はコレクターではないので、その場で僕に譲ってくれました。その時まで二人ともこのフォノシートの存在は知らなくて、その翌日にアニエスを訪ねて「昨日、クリニャンクールでこんなの見つけたよ!」と見せたんですね。すると、こともなげに、「ああ、フラワーね。そのジャケットはジャックがデザインしたのよ」と教えてくれて。以来、我々の間でこの盤は通称「フラワー」と呼ばれています(笑)。

関連書籍の書影も掲載。美術担当のベルナール・エヴァンの画集など、貴重な作品も

『ラ・ラ・ランド』が不動のものにしたミュージカル人気

ーーー映画『ラ・ラ・ランド』(2016年)は「ドゥミ+ルグラン」コンビの大きな影響のもとに作られたと監督が公言し、大ヒットしました。また、そのチームによる『グレイテスト・ショーマン』(2017年)もヒットしたと聞いています。そして、2017年に限定公開された『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』にも、多くの若者が押しかけました。なぜいま、いわゆるリバイバルという形ではなくミュージカル映画が受けているのだと思いますか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。