ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅で食べられる!フォトジェニックなマンゴースイーツ3選

鮮やかなビタミンカラーと甘みが人気のマンゴー。これから旬を迎え、マンゴーフェアを開催している店舗も数多くある。そこで今日は、“自宅でも気軽に食べられるマンゴースイーツ”にフォーカス。編集部オススメを3つ紹介しよう。SNS映えも抜群!自分へのご褒美にもいかがだろうか。


1.<カフェコムサ銀座店>宮崎県産 完熟マンゴー「太陽のタマゴ」のケーキ
最初に紹介するのは、カフェコムサの銀座店限定メニュー。「太陽のタマゴ」とは、宮崎県で生産されるマンゴーの中でも、重さ350g以上、糖度15度以上で色・形が優れたマンゴーのこと。このケーキは、その「太陽のタマゴ」の中でも、特に “完熟“にこだわり、樹上で熟して自然に落果したものだけを使用している。マンゴーで描かれたバラの花束が何ともフォトジェニックなスイーツだ。


2.<ラ・テール・セゾン>完熟マンゴー・プリン
東京駅直結の大丸東京店の1階・地階「ほっぺタウン」にあるラ・テール・セゾンで販売中のマンゴー・プリン。沖縄県産の完熟アップルマンゴーとインド産のルフォソン・マンゴーを使用。冷凍すると濃厚なマンゴーシャーベットとしても美味しく食べられる。1個454円。


3.<ハーゲンダッツ>マンゴープリン~ココナッツミルク仕立て~
マンゴー・プリンをハーゲンダッツ流にアレンジした期間限定のミニカップ。アルフォンソマンゴーの甘さと香りが存分に楽しめるマンゴーアイスクリームに、口溶け滑らかなココナッツミルクソルベ(シャーベット)を重ね、表面には艶やかで甘酸っぱいマンゴーソースを敷きつめてある。夏らしく華やかで、食べすすめるにつれてマンゴーとココナッツミルクの味わいの変化が楽しめる。294円(税込)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy