ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

こんにちは。生まれも育ちも東京ながら、青森に恋をして勢いで移住してしまったりんご飴マンです。
私の住んでいる弘前(ひろさき)市の弘前公園は桜の名所。毎年4月下旬から5月上旬に開催される「弘前さくらまつり」は、100周年を迎えた2018年、246万人が訪れました!
そんな世界に誇る弘前の桜。絶対に外せないお花見ポイントと、ぜひ立ち寄ってもらいたい近隣スポットを紹介します。

弘前駅から公園入り口へGO!

弘前公園入り口 りんご飴マン

公園入り口。弘前はHOMEのはずですが、誰も近寄ってきません

JR東京駅から東北新幹線で最速3時間のJR新青森駅に着いたら、在来線を乗り継ぎ約30分、JR弘前駅に到着です。
駅から公園への交通手段はバスがおすすめ! さくらまつり期間中は市街地を循環するバスが10分ごとに運行されており、100円で乗れちゃうお手頃プライス。乗車約10分の「陸奥新報社前」で降りると、弘前公園の入り口のひとつ、「追手門口」に到着!
東京ドーム約10個分の広さ(約49.2ヘクタール)に約2,600本の桜の木が並ぶ弘前公園。見どころがたくさんありますが、今回は僕の好きなスポットを厳選して紹介していきますね。 所要時間は約1時間です。

弘前城、花筏、ハート形。弘前さくらまつりおすすめスポット

弘前公園 追手門口の外濠の桜

追手門口の外濠の桜

園内に入る前にまず押さえておきたいのは、外濠に並んで咲いている見事な桜。弘前公園を囲むように咲いており、どこまでも続くかのようで見応えたっぷりです。
弘前公園 桜

青空に映えるソメイヨシノ

追手門をくぐり園内へ。
さて、この桜をじっと見つめてみてください。なにか気づくことはありませんか?

弘前公園 桜のアップ

そう、桜の花びらがモコモコしているんです! 実は弘前公園の桜は、ひとつの花芽から咲く花の数がほかより多いといわれています。これは、枝切りを指す「剪定(せんてい)」の技術と深い関係があるんです。
弘前公園 日本最古のソメイヨシノ

日本最古のソメイヨシノ。樹齢100年を超える桜が、園内に400本以上あるという

りんごの産地として、長年培われた独自の剪定技術を応用している弘前公園の桜。徹底管理されることで樹木の寿命も延び、いつまでも美しい姿を見せてくれているんです。

弘前公園 桜

杉の大橋を渡り、南内門を抜けると、人だかりを見つけました。何があるのかな?

弘前公園 南内門周辺 ハート形の桜

おお、なんと重なる枝で空にハートの形が描かれる桜を見つけました! これも高い剪定の技術があればこそ。実はここ、最近できた新しい桜スポットですが、ちょっとわかりにくい場所にあります。場所は未公表なので、ぜひ自分で見つけてカメラに収めてください。
弘前公園 下乗橋からの桜と弘前城天守

下乗橋からの桜と、遠くに見える天守

城下町として長く栄えた弘前ですから、弘前城と桜のコラボも見たい。しかし現地に行ってみると、石垣に天守は乗っていませんでした。これは一体……?
弘前城天守

本丸(有料エリア)内にある天守

実は今、弘前城は石垣の老朽化に伴い、100年に一度の大改修工事を行っています。天守を移動させたことで、期間限定の新しい桜の名所が誕生! 「津軽富士」とも呼ばれる美しい岩木山と天守閣、そして桜のコラボを撮ることができます。石垣の上に天守が戻るのは2021年の予定。今のうちに撮影しましょう!
弘前公園 春陽橋からの桜とボート

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy