ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5月16日は「旅の日」珍道中のち感動の『30年後の同窓会』ほか“おっさんロードームービー”を楽しもう

30年後の同窓会

5月16日は「旅の日」って皆さん知っていましたか? これは、1689年のこの日、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出た日ということで、昭和63年に制定されたもの。「旅の日って言われても、もうGWも終わったし、夏休みはまだまだ先!」というあなた。一足お先に映画で、旅情気分を味わってみてはいかが?

目的のある旅ない旅、楽しい旅、悲しい旅、憧れの旅、悲惨な旅、、、映画の中には様々な旅が描かれてきました。6月8日に公開となる映画『30年後の同窓会』は、30年ぶりに再会した中年男性3人による“心の再生”を描いたロードームービー。『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督がメガホンをとり、スティーブ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという名優3人が集結しています。

30年後の同窓会

【ストーリー】
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われるなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう――。30年前に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

主演のスティーブ・カレルはこの映画について、「『30年後の同窓会』は人間関係を描いたロードムービーです。ある意味、大学の同窓会の映画とも言えるかもしれません。彼ら3人は30年間会っていなかったからです。そんな彼らが悲劇的な出来事のせいでまた一緒になる。彼らは自分たちの関係を見つめ直し、30年後に大人としてどうつながり、どうつながらないのか、今の自分たちを考え直すのです」とコメント。大人にしみる、ヒューマンドラマとなっています。

この映画で描かれた旅の総移動距離は約1,231km。

■ノーフォーク〜リッチモンド(道路距離:149km)
→主人公ドクが戦友サルを訪ね、もう一人のミューラーの元へ

■リッチモンド〜アーリントン墓地(道路距離:174km)
→ドクの息子の遺体を引き取りに行くものの、違う場所だと言われ1回休み

■アーリントン墓地〜ドーバー空軍基地(道路距離:153km)
→息子と涙の対面。死亡時の真実を知り、地元での埋葬を決意。レンタルトラックでの移動を始めるも、サルの悪ふざけのせいでテロリストと間違えられ、再び空軍基地へ戻されてしまう。「戦士ではない息子を軍の墓地に埋葬できない」というドクの固い意志は変わらず、軍の手配でアムトラック(高速電車)で搬送することに。

■ドーバー空軍基地〜NY(道路距離:291km)
→アムトラックの停車中にNYに立ち寄る3人。サルの提案で全員でお揃いの携帯電話を買ったり、昔話で盛り上がり、ドクの顔にも笑みが戻る。

■NY〜ボストン(371km)
→30年前のベトナム戦争で起きた”ある事件”を忘れられずに生きてきた3人が、過去に向き合うためある人の元を訪れる。

■ボストン〜ポーツマス(93km)
→ドクの息子の葬儀が始まる。

順調に行ったり、思わぬ足止めをくらったり、行ったり来たりしながら、やいのやいの言いながら旅する3人の大人の男の姿は、おかしくも微笑ましい愛情にあふれています。

この『30年後の同窓会』以外にも、“おっさんロードムービー”の傑作は盛りだくさん!

『プリシラ』
『イージー・ライダー』
『ストレイト・ストーリー』
『LIFE!』
『ダージリン急行』
『きっとここがかえる場所』
『オー・ブラザー』
『ハングオーバー!』シリーズ

「男同士(同性)で旅行なんて……」なんて食わず嫌いせず、今年の夏は計画してみてはいかがでしょうか?

『30年後の同窓会』6月8日ロードショー
http://30years-dousoukai.jp/

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。