ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田村淳「毎日同じ服を着ています」と告白! ファッションスタイリストの見解は?

tamura

2018年5月11日に人気タレントの田村淳さんが『Twitter』上で、

「ファッションで 心掛けてることって何ですか? 僕は同じ服を何着も買って 毎日同じ服を着ていますw 毎日同じ服だから 朝の準備がとても早くなりました。」

と告白した。


同日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日)でおこなわれる『一般女性が選ぶ 私服-1GP団体戦』にからめた発言だと思われるが、毎日同じ服ってまるで故スティーブ・ジョブズやIT長者のエピソードではないか。

芸能界でもお洒落なイメージのある淳さんが一体どうしちゃったのだろう?

筆者と同じことを感じたのか『Twitter』ユーザーからは、

「スティーブ・ジョブズも確か似たようなこと言ってた気が できる人はそうなのか。私も真似しようかなぁ。。それ洗った?て聞かれるパターン増えそうだけど笑」
「ジョブズは、服を考える時間が勿体ないから、全て同じ服にしてその時間を省いた、らしい。でも、その時々、相手や場所に合わせて考える事も、頭を使う事だし、『人を喜ばせる』という観点では大切だと、とある人が言っていた。」
「ジョブズとザッカーバーグも同じことしてました。」

などコメントが寄せられている。

他人の服装をどうこう言うなんてナンセンスかもしれないが、これも一つの行動科学。

同じ服を着続けるってどういうことのだろうか。

ファッションスタイリストの古澤恵子さんにお話をうかがってみた。

profile

ファッションはなりたい自分になる近道、逆に言えばファッションはその人の心の鏡なんですね。
淳さんが自己プロデュースできる人なのは一目瞭然ですし、ツイートからも、あえて毎日同じ服装をすることで別に注力したいことや発信したいことがあるんだとわかります。ファッションに興味ない人がテキトーに毎日同じ格好をするのとはぜんぜん違うことです。あのスタイルは今の淳さんの思想が具体化したものなんですね。
アイテムの組み合わせ方もシンプルだけど良くまとまってるし、快適そうでセンスの良さが光ります。

「オッサンになって身なりに気をつかわなくなったの?」

……と心配された方もいるかもしれないが、やはり淳さんはそんじょそこらの人とは違うのである。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/atsushilonboo/ [リンク]

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy