ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スターシェフも監修した世界初のロボットキッチン「Spyce」、米国ボストンにオープン!

食欲旺盛、しかもスポーツをする男子学生の願いといったら、美味しくて栄養のあるものをお腹いっぱい、そしてリーズナブルプライスで食べることではないか。

その願望を、テクノロジーの力を借りて実現させた夢のレストランが米国マサチューセッツ州ボストンにオープンした。最先端技術をフル活用した世界初のロボットキッチン「Spyce」だ。

・MIT卒業生が創業

創業メンバーの4人は、マサチューセッツ州工科大学(MIT)の卒業生でエンジニア。冒頭に書いた願望を実現させるべく、2年間の試行錯誤を経て、このほどボストンにSpyceを開店させた。

Spyceのキッチンには、据え置き型のミキサーのようなロボット7台が備わっている。材料の投入から調理、皿への移し替えまで全て機械がこなすのだ。

ロボット鍋は電磁誘導で加熱され、温度や調理時間の管理も自動。鍋は回転して食材をまんべんなく調理し、しかも調理後は自動でクリーニングする。

・800円でミシュラン級!?

ロボット調理というだけでも話題性たっぷりだが、Spyceの料理はフランス料理界のスターシェフ、Daniel Boulud氏が全て監修しているという点でも注目されている。

メニューは、野菜や穀物、チキン、ハーブなどをミックスするボウル料理7種類。ミシュランで星を獲得したことのあるBoulud氏の監修だけに味はお墨付きといってもいいだろう。

写真を見るといかにもヘルシーそうで、ボリュームもたっぷり。それでいて価格はすべて7ドル50セント(約820円)となっている。

客は店に設置されているマシーンのスクリーンをタッチしてオーダーし、料理を待っている間はオープンキッチンの様子を見て楽しむことができる。

先端技術を取り入れた新しい形のレストラン、話のタネにボストンに行く機会があれば、寄ってみたいかも!?

Spyce

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。