ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国で「ダム」ブーム、滋賀でダムカレーにダムカードも

1398_2
全国で「ダム」人気がじわじわ高まっている。

1398_4
ダムは本来、水をせき止めて水位の調整や発電に利用されている一方、巨大な佇まい、自然と人工建造物のコントラストなどが注目を集め始めてきた。いまや日本全国の多くのダムで「ダムカード」が配布され、グルメでは「ダムカレー」、ダム好きの女性は「ダム女」とも呼ばれている。
滋賀県に、魅力的なダムがいくつか存在する。
まず、日本初の複合ダム「永源寺ダム」(東近江市)。全国的に珍しい重力式コンクリートとロックフェルの複合ダムで1972年に完成し、ダムに流れ込んだ流木は希望者に無料配布されている。永源寺ダムから近い「道の駅 奥永源寺渓流の里」では、複合ダムの形をライスで再現したダムカレーが、ご当地名物の岩魚や鹿肉のフライとともに味わえる。

1398_3
特徴的な形をした洪水吐がある「青土(おおづち)ダム」(甲賀市)や、その青土ダムからしばらく上ったところにある「野洲川ダム」(甲賀市)は第二次世界大戦を乗り越えたことで知られる。野洲川ダムから車で約5分の「大河原温泉 かもしか荘」は2種類のダムカレーが味わえるお店としておすすめ。

1399_3
姉川ダム(米原市)には、ダム建設ビデオの上映やクイズ形式でダムについて学べるコーナーがあるほか、姉川ダムから車で約20分のキャンプ場「姉川パーク」には食材や調理器具が持ち込めるので、自分だけのダムカレー作りも楽しめる。

1401_3
一方、ダムカードは、ダムのことをより知ってもらう目的で、国土交通省と独立行政法人水資源機構が管理するダムを中心に作成、配布されているカード。表面はダムの写真、裏面にはダムの形式や貯水池の容量など基本的なことからマニアックな情報まで掲載していることも。滋賀県内では以上4つのダムのほか、石田川ダム、日野川ダム、宇曽川ダムでも配布中だ。(野洲川ダムカードは大河原温泉 かもしか荘が独自で作成、配布)

「虹色の旅。滋賀・びわ湖」特設サイトhttps://www.biwako-visitors.jp/niji-shiga/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#4 ~伏美流減量法~
「ニコニコ超会議2018」美人コンパニオン&美少女レイヤー図鑑!
魅惑のFカップ!烏丸あやのの「開運!神社探訪」#12 ~出雲大社(島根県)~

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy