ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボットがついにジョギングするように! ボストン・ダイナミクス、新映像を公開

米国のボストン・ダイナミクス社が開発するロボットの進化が止まらない。同社はこのほど、2本足歩行の人型ロボットAtlasと、4本足歩行のSpotMiniの新映像をYouTubeで公開した。

なんと、Atlasは屋外をジョギング、SpotMiniは障害物をよけながら屋内を徘徊し、階段の上り下りまでする。

・地面を蹴り走る

ロボットというとぎこちない動きをするものと考えがちだが、この映像をみるとそうした概念は大きく揺らぐ。というのも、Atlasは足を左右交互に前に出しながら地面を蹴り、走るのだ。

その様子はまさに人間のジョギング。場所は野原で、芝や雑草が生えて表面はややでこぼこだが、Atlasはバランスを崩すこともない。

途中、丸太を飛び越えるシーンもあるが、これはすでにバク宙ができるAtlasにとっては朝飯前だろう。

・見事な足さばき

一方、SpotMiniは、カメラなどで周囲の物にぶつからないようにしながらマップデータをもとに屋内を徘徊する。こちらのビデオで最も注目すべきところは何と言っても階段のシーンだ。

4本の足をそれぞれバラバラに動かしながらも階段を踏み外すことなく、見事に昇降する。ただ、降りるときは踊り場で向きを変え、“後ろ向き”に進んでいるのは、まだテクニカル的に難しい部分もあるということだろう。

いずれにしても、大きな進化を遂げているのは間違いなく、その運動能力には驚かされる。

映像のリンクはこちら。

Atlas  SpotMini

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。