ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Uber「空飛ぶタクシー」の続報! NASAと協同で都市飛行のシミュレーション実施を発表

先日、「空飛ぶタクシー」のプロトタイプ機体を公開したばかりのUber。構想実現に向けて、かねてからNASAとパートナー関係にあることも知られている。そんな折、また新たな動きが。都市部で飛行するタクシーのシミュレーションに向けて、お互いの提携を強化する模様。

・シミュレーションによって安全性を検証

このプロジェクトの目的は、都市における交通の改善および渋滞の緩和、それに伴う手頃な交通手段の提供だ。計画発表の1年後、Uberの理念に賛同したNASAが、プロジェクトパートナーに就任。母体となる飛行機の航空交通管理ソフトの開発を、担うことになった。

今回の発表は、UberがNASAとともに、飛行機の乗り継ぎネットワークの計画を共有しつつ、シミュレーションを実施するという内容。もともとNASAには、この構想への関与を、一層深める意向があった。だからこそ、シミュレーションによって安全性を検証し、規制を策定する方針を打ち立てたのだ。

・交通革命実現まであと少し!?

テッカブルでもたびたび紹介してきたとおり、「空飛ぶタクシー」計画を推進している企業は、Uberだけではない。大手から出資を受けた多くのスタートアップが、開発を進めている状況だ。その中で、NASAと協力関係にあるUberは特に有利と言える。ドローンや航空機の増加で、混雑を究める空中において、最も重視すべきは安全な運行だからだ。NASAの尽力によって検証が進めば、早期の規制整備に結びつく。同時に、Uberの安全性も証明されるだろう。

NASAのアシスタント・マネジャーであるJaiwon Shin氏は、以下のようにコメント。「航空機で都市部を移動できるようになれば、人間はもちろん、貨物の配送にも革命が起るだろう。スマートフォン同様、人々のライフスタイルを根本的に変える可能性を秘めている」。商用飛行の予定は、2023年。予言どおり、交通革命が起ることに期待したい。

souce by CNN.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。