ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通話や支払いも!機能がとことん詰まったスマートリング「Xenxo S-Ring」

スマートウォッチを使っている人を見かけることは少しずつ増えてきている気もするが、スマートリングを使っている人を見かけることはほぼない。誰もが想像するとおり、そこに利便性、実用性が欠けている点が大きな理由なのかもしれない。

今回紹介するスマートリング「Xenxo S-Ring」は、ユーザーに「つけてもいいかも」と思わせてくれる機能をふんだんにつめこんだプロダクトとなっている。

・スマホを取り出さず通話や支払いが可能

Xenxo S-Ringスマホと連携させて使うウェアラブルデバイスだ。スピーカーとマイクを搭載しているため、リングをつけた手を耳に近づければ通話をすることができる。周りからは電話をしている風には見えないだろう。

また、NFCを搭載しているため、クレジットカードの支払いをタップするだけでこなすことまでできる。Apple PayやGoogle Payに対応するのかどうかは定かではないが、この機能はなかなか便利ではないだろうか。

・ジェスチャーコントロールとAIアシスタントにも対応

ジェスチャーコントロールにも対応しているため、手のひらを動かすだけで再生中の曲のスキップもできる。ボタンを押せばSiriやGoogle Assistantも呼び出せるため、iPhone/スマホを取り出すことなく基本的な操作はできるようになるということだ。

そこで気になるのがバッテリー。待機モードで最大5日、連続通話で3時間、45分で満充電とのことなので決して悪い数字ではないはずだ。値段はKickstarterにて今なら199ドル(約2万1695円)で出資注文することができ、出資期限は2018年5月26日だ。

まだほかにもたくさん機能が搭載されているので、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

執筆:Doga

Xenxo S-Ring/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy