ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有村昆氏やピーター・フランクル氏が手がける「トータルコーディネートルーム」も公開!「ROOM DECO」幕張新都心店がリニューアルオープン!

千葉県内外に13店舗を展開する「かねたや家具店」は、生活を楽しくする住空間のトータルコーディネートブランド「ROOM DECO」の幕張新都心店を4月27日にリニューアルオープン。これに先駆け、4月24日にメディア向け発表会が開催された。 キャプチャ
ROOM DECOはモダン、カジュアルを中心にあらゆるインテリアアイテムを取り扱う家具の総合ブランド。今回リニューアルした幕張新都心店は、リニューアル総合プロデューサー久々野智 小哲津(くくのち こてつ)氏が手掛けた、季節ごとに著名人がプロデュースする部屋を発信する同ブランド最大のショールームへと生まれ変わる。 リニューアル第1弾は「”部屋がエンターテイメントになる”ROOMDECO COLLECTION 2018’SPRING~SUMMER‘」と題し、「MOVIE」「STUDY」「WONDERLAND」「ART」の4つをテーマにしたコーディネートを展示。同社が扱う家具を使用した、エンターテイメント性溢れる「体感型ショールーム」として公開される。
キャプチャ
映画コメンテーター 有村昆氏がプロデュースした「MOVIE」。アメリカ西海岸のハリウッドセレブの別荘をイメージ。リビングは明るい白を基調に、ナチュラルな木目の家具が配された洗練された空間だ。
キャプチャ
テラスはビーチをイメージ。優雅なリゾート気分を演出。
キャプチャ
リビングの隣には、10年後のシアタールームをイメージした秘密の部屋が設置。「インターネットで何でもできるこの時代だからこそ、店舗で体感することの楽しさを感じていただきたい」と有村氏。
キャプチャ
スクリーンはシースルースクリーンと呼ばれる半透明の幕を採用。後ろのミラーボールが透けて見える新感覚のデザインだ。本邦初公開のレーザーアニメーションが流れ、未来的なシアタールームを体感できる。

キャプチャ
世界的数学者 ピーター・フランクル氏が手掛けた「STUDY」。踏むと模様が変わる床や、世界の国々や世界遺産が学べる地図、自由に描ける黒板などがあり、子供の知的好奇心を刺激する工夫が随所に溢れる。
キャプチャ
「ピーターさんからの挑戦」と題した自著の数学の問題や、大きなマッチ棒を使って解く問題も展示。子供だけでなく大人も一緒に楽しめる。
キャプチャ インテリアコーディネーター荒井詩万氏がプロデュースした「WONDERLAND」。3つの扉によって空間が仕切られ、リビングや寝室などに繋がっている。 キャプチャ
リビングはイスが宙を舞うという、非日常の演出。様々な花や柄があしらわれ、カラフルな色使いや家具の見せ方が楽しめる。大人でも思わずワクワクしてしまう不思議な雰囲気だ。
キャプチャ
ベッドルームにはフレグランスが漂い、五感で体感できる空間に。ピンク、ブルー、オレンジと花が持つ色の繋がりを考えてコーディネートされた壁紙のデザインも注目したいところ。 キャプチャ
1939年創業の古書店、「小宮山書店」代表の小宮山慶太氏が手掛けた「ART」。「都市×アート」をコンセプトに、同店で販売する新進気鋭アーティストの作品をセレクト。ダイニングキッチンはブルックリンをイメージ。レンガ、木素材と黒を組み合わせた家具などが織りなす空間にアートが融和し、洗練された印象に。
キャプチャ
ベッドルームはロンドンをイメージ。モノトーンを基調としたモダンな空間に、ロックなアートで表現。インテリアにアート作品を取り入れるコーディネートのテクニックは大変参考になりそうだ。
今回のリニューアル第1弾「”部屋がエンターテイメントになる”ROOMDECO COLLECTION 2018’SPRING~SUMMER‘」は8月19日まで開催。子供から大人まで楽しめる体感型ショールームで、インテリアをもっと短かに感じてみてはいかがだろうか?

【Nicheee!編集部のイチオシ】

元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#4 ~伏美流減量法~
「ニコニコ超会議2018」美人コンパニオン&美少女レイヤー図鑑!
魅惑のFカップ!烏丸あやのの「開運!神社探訪」#12 ~出雲大社(島根県)~

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy