ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広角からマクロまで! 外付けレンズのOlloclip、iPhone X用をリリース

iPhone向けの外付けレンズを展開しているOlloclipからこのほど、iPhone X用の新レンズがリリースされた。

広角や望遠、魚眼など計6種のレンズが用意され、「スマホで撮ったとは思えない」写真の撮影を可能にしてくれそうだ。

・ワンタッチで取り付け

いつも持ち歩くスマホで写真やビデオを撮影するのが当たり前の時代になった。その撮影をワンランク上のものにできるのが外付けレンズ。

撮影セットアップが面倒なものだとシャッターチャンスを逃してしまうこともあるが、Olloclipなら端末を挟むようにしてワンタッチで取り付けられる。

今回iPhone X用のレンズは計6種類用意され、レンズの取り換えも簡単だ。

・デジカメに引けをとらない!

レンズの詳細はというと、視野角120度のスーパーワイド、視野角155度のウルトラワイド、魚眼、2倍光学ズーム望遠、7〜14倍マクロ、21倍マクロ。これだけそろっていれば撮影の幅がぐっと広がり、デジカメ的に活躍してくれそうだ。

レンズはすでにサイトで発売されていて、スーパーワイド、マクロ、魚眼を含むフォトグラフィーボックスセットが99.99ドル(約1万1000円)、スーパーワイドレンズが59.99ドル(約6600円)となっている。

旅先のシーン、あるいは日常の一コマを写真やビデオで記録することが多いiPhone Xユーザーはいかが。

Olloclip

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy