ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空中に描ける3D ペンの「3Doodler」に教育現場用キットが登場

空中に立体アートを描ける、世界初のペン型3Dプリンターとして注目を集めた「3Doodler」。2013年にクラウドファンディングサイトKickstarterに登場して大人気となった。

その3Doodlerの発売元から、教育現場用のパッケージがリリースされた。必要なものが全てそろっているので、簡単に授業に取り入れることができる。

・アクティビティ例も紹介

パッケージは6〜13歳向けと、14歳以上向けの2種類。どちらもペンや樹脂、パッドなどがそろっている。パックはクラスのサイズに合わせて、ペン6本または12本から選べる。

また、すべてのパッケージに教師向けのキットも含まれていて、そこには取扱説明書はもちろん、使い方の具体例を示すアクティビティガイド、レッスンのプランなどが用意されている。なので、この3D ペンを使って、どんな授業をするかをすぐに計画できるわけだ。

本格導入を検討するための、教師が試すトライアルパッケージも用意されている。

・教室の常備品になる?!

開発元によると、3Doodlerペンは過去5年間で5000もの教室で使われたとのこと。主にアートやテクノロジーの授業で活用されている。そしてまだ教育需要があるとみて、今回のパッケージの発売に至ったようだ。

海外、特に米国の教育現場では新しいデバイスの導入が早い。PCやタブレット端末はあっとう間に当たり前の“教室備品”となった。この3Doodlerペンもそうしたものの仲間入りすることになるのかもしれない。

教育向けパッケージの価格はサイズによって異なるが349〜1199ドル(約3万8000円〜13万円)で、開発元サイトのほか、AmazonやBest Buyでも販売される見込み。

3Doodler EDU

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy