ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 神谷浩史が“体作り”宣言!? 吹替を務めた映画『ハンガー・ゲーム』の魅力を語る[オタ女]
  • アダム・ドライヴァー、映画『Paterson(原題)』のファースト・トレーラーで詩人に
  • イ・チャンドン監督、村上春樹の小説『納屋を焼く』の映画版を監督へ
  • 映画『トレインスポッティング』の続編、来年2月に米劇場公開
  • ディック・ヴァン・ダイク、映画『メリー・ポピンズ』の続編に出演へ
  • ルーカスフィルム、キャリー・フィッシャーを映像によってよみがえらせる計画はない
  • ジュリア・ロバーツ、シンシア・スワンソン原作『The Bookseller』の映画版に出演へ
  • 野郎人気No.1! 
  • 映画『スター・トレック BEYOND』の最新トレーラー、リアーナの新曲『Sledgehammer(原題)』を公開
  • マコノヒーがHIV患者、ジャレッド・レトがトランスジェンダーを演じアカデミー賞ダブル受賞 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』
  • 『高慢と偏見とゾンビ』本編映像 ゾンビと戦うヒロインの姿に高潔な騎士も思わずメロメロ
  • 『ファンタスティック・ビースト』監督インタビュー 「ニュートの成長を楽しみにして欲しい」
  • 手斧・短刀・鉄アレイ……あらゆる武器が入り乱れ! 韓国狂気全開アクション『悪女』に登場する武器の数が多すぎる
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/2/5号:シュワルツェネッガー主演・製作のゾンビ映画『マギー』[ホラー通信]
  • 【山下敦弘×乃木坂46】『超能力研究部の3人』予告編解禁! 物語とドキュメンタリーが合体した“真のアイドル映画”
  • 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』の3作目が製作中止、クリスティン・デイヴィスは「本当にがっかり」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【必読】女神転生スタッフ対談 / 鈴木一也の邪教の館・出張インタビュー: サウンドクリエイター増子津可燦

t

バズプラスニュースにて「大司教の邪教の館」のパーソナリティーを務める鈴木一也が、メガテンなど数々のゲーム音楽で世界的に知られる増子津可燦(ますこつかさ)にインタビュー。

・古い仲魔が集結
ふたりはアトラスの創立時に出会った古い仲魔である。その後何度も共に仕事をし、今回『十三月のふたり姫』で再びタッグを組む。両名にとって懐かしいアトラス時代の秘話から、今に至るまでを一気に語る。

megami-tensei4

・そのルーツはテクモ!
鈴木大司教「お久しぶり~~でもないか」

増子津可燦「おひさ~でもないね」

鈴木「そうですね。新作ゲームの『十三月のふたり姫』の打ち合わせで3月に会っていますしね(笑)。さっそく昔話からでも始めますか」

増子「ですね」

鈴木「まず、増子さんとアトラスとの出会いは?」

増子「テーカン(現: テクモ)で、夜遅くに原野さん(※註1)と上田さん(※註2)がゴニョゴニョしているところに参加したところから始まるかな」

鈴木「ということは、アトラスの原野社長がテクモから社員を引き抜いて独立するのに参加したってわけね?」

増子「そうそう。最初は原野さん、上田さん、プログラマー、自分の4人だった」

鈴木「私はその1年後くらい後にアトラスに入るわけだけど、出会ってから何年経ったっけ?」

増子「何年だっけ(笑)?」

鈴木「ええっと……(ふたりともすぐに計算できない)……31年も前!?」

増子「31年前か~~(笑)!」

鈴木「CPU使ったゲーム業界では、一番古い付き合いになるねえ、私にとって」

増子「おや、名誉なことですね」

鈴木「増子さんはテクモではアーケードがメインだったみたいだけど、アトラスではまずファミコンの音作りからだよね?」

増子「テーカンでも『マイティーボンジャック』とかファミコンでやったけど、確かにアーケードがメイン」

鈴木「当時のゲーム音楽とはどんな感じ?」

増子「ファミコン音源に限って言えば任天堂のクオリティが頭一つ抜き出ていた。だけど、海外の超マニアックな音使いが出てきて、一気に創意工夫の密度が高まったねー。4chで6~7ch分の音を1/60秒単位で操作する内容だもの」

鈴木「じゃあ、海外の音作りに影響されたってことになるわけ?」

増子「たまたま見せてもらった海外のゲームが刺激になりました……タイトル何だっけ?」

(しばしの間……)

鈴木「年取るとアレだから(笑)」

増子「だよね~(笑)」

(まだふたりとも50代だが……)

megami-tensei5

※註1: 原野直也:元アトラス創業社長。日本船舶振興会の当時の会長、故笹川良一の部下として、インドネシアで沈没船のサルベージをするという異色の経歴を持つ。
※註2: 上田和敏:当時のアトラスのディレクター。『女神転生』シリーズ含め、アトラスの作品の多くが上田氏のディレクションの元で作られた。ユニバーサル時代の『Mr.Do!』『レディバグ』などが初期作品。

・その魂にはロック!
鈴木「ゲーム以外に、その当時はどんな音楽を聞いてました?」

増子「MTV全盛期だったから、主に洋楽だよね。チャート賑わしていたのは大概聞いていたと思う」

鈴木「嗚呼、MTV懐かしい」

増子「SONY Music TVのVHSテープは今も残ってる(笑)」

鈴木「良く保存されてる!!」

増子「当時は80年代後半から90年台頭だよね」

鈴木「でも、メガテン音楽は当時のヒットチャートからは外れた感じ。どっちかっていうと70年台ロックなとこあり」

増子「元々、自分が聞いていたハードロックや、プログレとかの影響は多分に出ていると思います」

鈴木「企画側もプログレとメタルってお願いしてたから、ちょうど合致したわけね!」

増子「プランナーの大町さん(※註3)とは音楽の話ばっかりしていたかも。南米とかイタリアのプログレとか……(笑)」

鈴木「あ~、彼マイナーなプログレ大好きだったから」

増子「ゴブリン※註4)が今も活動していることに驚きを隠せない!」

鈴木「うんうん」

増子「大町さんがUNION(※註5)で借りてきたレコードを会社で夜中にコピーして、ずいぶん分けてもらったっけ」

鈴木「ああ、私もかなりテープをもらった。曲名までしっかり細かくカセットのインデックスに書かれててね」

増子「大町さん今どうしてるかね~」

1 2 3 4次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。