ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

留守番中の愛犬の遊び相手になってくれるスマートおもちゃ「Wickedbone」

犬は遊ぶのが大好き。そうと分かっていても仕事が忙しかったりすると、なかなか愛犬の遊び相手になってあげられない。

犬と暮らしている人の中で、愛犬に対し罪悪感に近いものを感じたことがあるのなら、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Wickedbone」は要チェックだ。

転がったり光ったりする骨の形をした犬用スマートおもちゃで、動きも多彩なので追いかけ回してたっぷり遊べる。

・スマホがリモコンに

イメージとしては、スフィロのスマートボールに近い。アプリをダウンロードしたスマホとBluetoothで連携し、アプリがリモコンになるのも一緒だ。

スクリーンを指でなぞるようにすると、それに合わせてWickedboneは動く。部屋や屋外で大きく動かしたり、1カ所でスピンさせたりと動きは多彩だ。

・自動で動くモードも

仕事や家事などで手が離せない時は、オートモードにすると勝手に動いて愛犬の相手をしてくれる。また、犬の動きに対し12種類のアクションで応えるインタラクティブモードもある。

屋内外で使用でき、Wickedboneが動く範囲やスピードも状況や犬の性格などに合わせて調整できる。ちなみに最高スピードは毎秒3.5メートル。

もちろん、犬がかんでも安全な素材で作られていて、タイヤ部分は取り外してカバーを洗えるようになっている。駆動時間はドライブモードで40分、インタラクティブモードだと4時間で、マイクロUSBで充電する。

Wickedboneは現在、Kickstarterで89豪ドル(約7300円)〜となっている。世界各国への発送に対応してくれるので、愛犬家の方はチェックしてみてはいかがだろうか。出資期限は6月13日。

Wickedbone/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy