ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】乃木坂46『シンクロニシティ』がミリオン超えで首位独走 sumika、Lead、DIR EN GREYが大接戦

【先ヨミ】乃木坂46『シンクロニシティ』がミリオン超えで首位独走 sumika、Lead、DIR EN GREYが大接戦
 今週のCDシングル売上レポートから2018年4月23日~4月25日までの集計が明らかとなり、乃木坂46『シンクロニシティ』が1,027,406枚を売り上げて首位を独走している。

 『シンクロニシティ』は乃木坂46の記念すべき20枚目のシングル。表題曲では白石麻衣が6thシングル『ガールズルール』以来約5年振りに、単独でセンターを務めている。AKB48が先月リリースした『ジャーバージャ』が初週ミリオンを記録したことも記憶に新しいが、乃木坂46が先ヨミ時点でミリオンを記録するのは初めてとなる。

 2位は、26,288枚を売り上げたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE『Fandango』。現在、全国47都道府県を回るツアーの真っ最中であるTHE RAMPAGEの最新作は、2017年11月リリースの前シングル『100degrees』での初週売上14,257枚を大幅に上回る売上となっている。

 3位から5位は大接戦。3位にはsumikaの『Fiction e.p』が、4位にはLeadの『Bumblebee』が、5位にはDIR EN GREYの『人間を被る』が、それぞれ1万枚を超えるセールスを記録して速報TOP5入りを果たしている。3位と4位の差は335枚、4位と5位の差は546枚とそれぞれ超僅差で、週間チャートではこれらの順位に変動はあるのか、注目される。

◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報
(2018年4月23日~4月25日までの集計)
1位『シンクロニシティ』乃木坂46 1,027,406枚
2位『Fandango』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 26,288枚
3位『Fiction e.p』sumika 11,796枚
4位『Bumblebee』Lead 11,461枚
5位『人間を被る』DIR EN GREY 10,915枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ速報】乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』が102万枚を売り上げてミリオン突破
白石麻衣(乃木坂46)出演、MBS・TBSドラマ『やれたかも委員会』30秒PR映像がWEB初解禁
sumika 新作EPより「ペルソナ・プロムナード」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy