ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポルシェ、来年発売の電気自動車「Mission E」の予約受付をノルウェーで開始

ポルシェは、来年にも発売する同社初の電気自動車(EV)、「Mission E」の予約受け付けをノルウェーで開始した。

メルセデスやアウディ、ジャガーなども昨年、今後発売する新EVのプレオーダーをノルウェーで開始していて、ポルシェもそれに倣った格好だ。

予約金は2万ノルウェークローネ(約28万円)となっている。

・12秒で時速200キロに到達

Mission Eの外観はまさしくポルシェ。4ドアスポーツカーで、優雅な曲線を描いている。前後のドアが観音開きになるなど、斬新さも兼ね備え、全体的に未来感のあるデザインとなっている。

機能面ではモーター2基を搭載し、最高出力は600ps。0〜100キロの加速は3.5秒、0〜200キロも12秒という、そのままサーキットに行ってもおかしくない高性能ぶりだ。

・充電15分で400キロ走行

また、EVで気になる航続距離は500キロ超。電池は従来の車の2倍にあたる電圧800ボルト仕様を採用し、短時間で充電できるのも売り。約15分の充電で400キロもの走行を可能にするという。

今回、予約の受け付けを開始したとはいえ、実際のところ、Mission Eの価格がいくらになるかはまだ明らかになっていない。

この段階での先行予約受け付けがなぜ他国に先駆けてノルウェーで行われるのかも定かではないが、ノルウェーでは新車販売の4割をEVが占めていることから、消費者の反応を見るという意味が強いのかもしれない。

いずれにしろ、予約の受け付けを開始するというのは、開発が最終段階にきている証拠。ノルウェー以外の国に住むポルシェファンにも朗報だ。

Porsche

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。