ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木梨憲武さん『おかべろ』で近況ぶっちゃけトーク!「今は六本木が怖い」

okabero

4月21日、人気タレントの木梨憲武さんが『おかべろ』(関西テレビ)に出演した。

とんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了以来、さまざまな番組へのゲスト出演が相次いでいる木梨さん。

『おかべろ』は田村亮さんをバーのマスター、岡村隆史さんを常連客に見立て、ゲストおよびゲストと親しい人の4人でざっくばらんなトークを展開するという趣旨の番組だが、木梨さんが連れてきたのはお隣にお住まいで市民ランナーとして多大な実績を持つという林恭弘さん(85歳)。

木梨さんは

「林さんと同じ生活をしたい。林さんの教えを聞いて我々もどうやってオッサンになっていくか(学びたい)」

と力説するほどその規則的でストイックな生活態度に心酔しているらしい。

岡村さん曰く、かつては「集合!」のかけ声一つで仲間を集め朝まで飲み歩いていたという木梨さんも56歳になり

「最近はテッペン(午前0時)を過ぎると眠くて帰りたくなって、朝まで飲むと次の日は使い物にならない」

「今は六本木が怖い」

「夜7時半には寝て朝2時半には起きる。6時には庭の掃除を始めてる」

という変わりっぷり。

長年続いたレギュラー番組終了も手伝ってか、新たな人生のサイクル作りを模索しているのかもしれない。


ただ、芸能活動、表現活動に関して後ろ向きというのではなく、今年6月にはなんとロンドンで絵画個展を開催。

7月からは大阪を皮切りに日本国内でも個展ツアーを開催するということだ。

タレントとしてたぐいまれな才覚と、独特の飄々としたキャラクターをあわせ持つ木梨さん。

今後もどんな活躍を見せてくれるのか期待したい。

『木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-』
【会期】
2018年7月13日(金)~9月2日(日)会期中無休
10時~17時(入館は閉館の30分前まで)

【会場】
大阪文化館・天保山
https://www.osaka-c-t.jp/

【住所】
大阪府大阪市港区海岸通1-5-10
【お問い合せ】
ハローダイヤル050-5542-8600 ※全日:8:00~22:00

【チケット先行】
最速先行ペア券
2,200円(2枚組・一般のみ)
受付期間:2018年4月13日~5月11日
ローソンチケット独占販売(Lコード:55430)

【チケット料金】
一般:1,500円(前売1,300円)
大高生:1,300円(前売1,100円)
中小生:500円(前売300円)

ローソンチケット(Lコード:55430)
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:769-033)

※税込表記
※未就学児無料
※前売券は7月12日まで販売。
※障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名を含む)は当日料金の半額(会場で購入の場合のみ※要証明)
※2018年5月12日(土)10:00発売

※画像は『Twitter』から引用しました。

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy