ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

黒木メイサが思い出の劇場でフェイバリットムービーを語る「トラウマなので船に乗りたくない」

dsc_0876

4月19日から22日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』。21日、沖縄県内の劇場ミハマ7プレックス(中頭郡北谷町)にて、10周年記念の新企画『マイフェイバリットムービー~Thanks to MOVIE & OKINAWA~』が開催され、第1回ゲストである黒木メイサのフェイバリットムービー『タイタニック』が上映された。

『タイタニック』はジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオ主演で1997年に公開。世界歴代映画興行収入ランキング2位、日本歴代映画興行収入ランキング2位の記録を誇る不朽の名作。

dsc_0858

上映後のトークイベントに参加した黒木は、「初めて映画館で見たのが『タイタニック』。当時見た場所がまさにここで、できたばかりのミハマ7プレックスだったんですよ」と、フェイバリットムービーに『タイタニック』をセレクトした理由を説明。

「当時9歳くらいで、家族と一緒に列に並んでチケットを買いました。両親とラブシーンを見るのが恥ずかしかったのを覚えています。映像がすごくリアルだったので、恋愛映画というよりは、船が沈んでいく衝撃が大きかったです」と思い出を振り返った。

『タイタニック』を見ると船首に行きたくなるという“あるある”に話題が及ぶと、「(船首に)行ったことないです。トラウマなので船に乗りたくないです」と話し、泳ぎが苦手であることも明かしていた。

dsc_0855

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』公式サイト:
http://oimf.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy