ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

須藤凜々花さん4月13日の入籍を発表!そのキャラクターやSNS上の反響は?

riri

4月19日、元NMB48でタレントの須藤凜々花さんがかねてより交際中の一般男性と大安吉日の4月13日に入籍していたことを公開した。

須藤さんと言えば昨年6月の『AKB48 49thシングル選抜総選挙 ~まずは戦おう!話はそれからだ~』開票イベント時の

「初めて人を好きになりました。私、須藤凛々花は結婚します。」

というサプライズ結婚宣言。

一部メンバーやファンからは厳しい批判があったものの、同年8月のグループ卒業後は逆にそれをネタにしてバラエティー番組等で存在感を発揮している。

入籍の報道に関してTwitterユーザーからは

「オメデト!! ヽ(`・ω・´)ノ イェイ!! スルスル詐欺 卒業だねー! 結婚ターンの後頑張りりぽんだよ!」

「熱愛や枕発覚しても無言貫いてのうのうと居座り続けてる先輩方よりも潔くて普通の女性だ そこが気に入った」

「総選挙の会場発表の時に被せて発表だし ここまで来たのならば総選挙当日に挙式あげてくれ(笑)」

「どんなことがあってもりりぽんらしく、自分の考えを貫いていってください これから、りりぽんの影響で興味を持った哲学の講義受けてきまーす。」

などおおむね好意的な感想が寄せられている。

なお須藤さんは4月19日に開催される『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』内のイベントに出演予定。

報道陣に対して直接入籍の報告をするものとみられている。

サプライズ結婚宣言でスキャンダラスな存在として注目を集めてしまった須藤さん。

しかしタレントとして多忙な日々を送るかたわら高校卒業認定を取得し、昔から好きだった哲学を学ぶために大学進学を計画していたり、ラップミュージックに造詣が深かったり、麻雀アイドルとしても力量を認められていたりとその才能は意外に多彩で奥深いものがある。

過去のインタビューによると須藤さんは自己を“人間として大切な何かが欠如している”、“周囲とは趣味嗜好が違う”と分析しているが、才気あふれ我が道をゆく彼女にとって世間の騒動などどこ吹く風なのかもしれない。

卒業、結婚に次ぐ彼女のさらなるステップアップを期待したい。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/riripon48

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy